カルニチン ダイエット効果


カルニチン ダイエット効果 について

 

「カルニチンにはダイエット効果がある!」
と言われていますよね。

それで、ダイエットとしてカルニチンのサプリメントを
飲んでいる人もたくさんいますね。

201312021

 

ということで、ここではカルニチンのダイエット効果と
注意点について説明します。

 

カルニチンのダイエット効果

 

私達が食べ物から摂取した脂肪や体内に溜められた体脂肪を
燃やすには、必ずカルチニンが必要になります

つまり、カルチニンがゼロになると脂肪は燃えません。

カルチニンは体内で生成されますが、
その生成される量が不足すると脂肪が燃えにくくなります。

そうなると、体脂肪がどんどん増えていきますので、
太ってしまうわけですね。

不足したカルチニンを補えば脂肪が燃えやすくなりますので、
ダイエット効果が期待できる、という事になります。

 

カルチニンは年齢とともに体内で生成される量が少なくなる、
と言われています。

ですから、年齢とともに痩せにくくなった、というかたは、
特にダイエット効果が期待できますね。

 

ただし、カルチニンをたくさん補えばいいのかといえば
そういうわけではありません。

脂肪をエネルギーに変えるときに燃えますが、
エネルギーに変える必要がなければ燃えません。

つまり、カルチニンをたくさん摂取したところで、
運動量が少なくて脂肪をエネルギーに変える必要がなければ燃えません。

日常生活の運動量でも効果がある、と言われていますが、
運動量が少ない場合はあまり効果が期待できない恐れがあります。

運動をしながらダイエットするのであれば、
脂肪が燃えやすくなるので大きなダイエット効果が期待できます。

 

カルチニンを多く含む食品

 

カルチニンは羊の肉に多く含まれている、ということが
一時期話題になりましたね。

ただし、羊の肉は通常はなかなか食べる機会がないと思います。

それ以外ですと、牛肉にカルチニンが多く含まれています

あとは、鶏肉や豚肉、魚などにも
そんなに量は多くありませんが含まれています。

 

こんなことを言うと、
「じゃあ、牛肉をたくさん食べると体脂肪が減って痩せるのかなぁ?」
と思う人がいるのかもしれません。

しかし、残念ながら「牛肉を食べると痩せる」と
単純には言うことができません。

牛肉には脂肪分もたくさん含まれています。

ですからトータルで考えると、
牛肉は脂肪が多いので太る、と考えたほうがいいです。

運動量が多くて摂取した脂肪分をエネルギーとして使いきるのであれば
牛肉を食べることでダイエット効果が期待できるかもしれません。

しかし、並みの運動量であれば太ると考えていいでしょう。

カルチニンは牛肉の赤身にたくさん含まれます。

それで、牛肉の赤身だけを食べればいいのでは、
脂肪分も少なくなるのでは、と考えると思います。

しかし、牛肉の脂肪分を取り除いて赤身だけを食べるのは、
なかなか難しいですよ。

 

あと、口から摂取したカルチニンが、
体内で脂肪燃焼に使われるのかどうかははっきりと証明されていません。

つまり、脂肪を燃焼するのにカルチニンが必要なのはわかっていますが、
牛肉を食べることで得たカルチニンが人間の体内で
脂肪燃焼する際に使うことができているのか、
人間が体内で生成されていないカルチニンを
脂肪燃焼の際に使うことができるのか、
まだはっきりしないという事です。

ですから、牛肉をたくさん食べてカルチニンの摂取量を増やしても、
脂肪燃焼が全く促進されていない可能性もあるのです。

 

ということは、カルチニンを食べ物から摂取した際の
ダイエット効果はまだハッキリとわからない、という事になります。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*