グレープフルーツの脂肪燃焼効果~食べるだけで体脂肪が減る!?


グレープフルーツ 脂肪燃焼効果 について

 

一時期「グレープフルーツダイエット」が話題になりましたね。

「グレープフルーツには脂肪燃焼を促進する効果がある!」
という事で、話題になりました。

grapefruit-154469_640

 

「グレープフルーツを食べるだけで脂肪を減らせて簡単に痩せる!」
とまでは言いませんが、
体脂肪減少を大きくサポートしてくれることでしょう。

という事で、グレープフルーツの脂肪燃焼効果についてまとめました。

 

グレープフルーツの脂肪燃焼効果

 

グレープフルーツに脂肪燃焼効果がある、と言われているのは、
「ヌートカートン」という成分が含まれているからです。

「ヌートカートン」は、グレープフルーツの苦い香りの元となる成分です。

 

ヌートカートンを摂取すると、体脂肪の燃焼を促す成分が作られます

それで、脂肪の燃焼が促されるので、体脂肪が燃えやすくなるのです。

 

また、ヌートカートンには中性脂肪が作られるのを防ぐ働きもあります。

それで、細胞内の中性脂肪の量が減っていきます。

 

また、グレープフルーツには「ナリンギン」という成分が含まれています。

ナリンギンはポリフェノールの一種ですが、
ナリンギンにも脂肪燃焼を促進する働きがあります

また、ナリンギンには食欲をおさえる働きがありますので、
少量の食事でも満腹感を得られやすくなります。

ですから、体脂肪を減らしやすくなります。

 

ただし、ナリンギンは果肉よりも皮に多く含まれています。

ですから、グレープフルーツを皮ごと食べれば
ナリンギンのより大きな効果を実感することができるでしょう。

 

また、グループフルーツには食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維には整腸作用があります。

腸の調子が良くなればデトックス効果が期待できます

デトックスされれば体脂肪は燃えやすくなりますよ。

ちなみに食物繊維も果肉よりも皮に多く含まれています。

 

グレープフルーツの脂肪燃焼効果を期待して摂取する際の注意点

 

グレープフルーツに脂肪燃焼を促す効果が期待できる成分が
含まれているからといって、
運動などをして脂肪を燃やさないと意味がないです。

つまり、運動などをすれば脂肪の燃える量が増えることが期待できますが、
運動量がゼロで、燃える脂肪の量がゼロであれば、
いくら脂肪の燃焼を促進しても脂肪は燃えません。

 

日常生活の動きで脂肪は燃えるので、
普通に生活していれば脂肪燃焼効果が期待できる、と言われています。

しかし、運動量が少ない場合は、効果をあまり実感できない恐れがあります

 

また、いくら脂肪の燃焼を促したところで、
食べる量が増えてしまったら燃焼した脂肪以上に体脂肪がつきます。

ですから、食べる量が増えたら体脂肪は増えると思ったほうがいいです。

ちなみに、体脂肪になるのは食べ物に含まれる脂肪分だけではありません。

炭水化物(糖分)も体脂肪に変わります。

厳密にいうとたんぱく質も体脂肪に変わりますが、
現代はたんぱく質が不足している人が増えているといわれているので、
たんぱく質が体脂肪に変わることは考えなくてもいいでしょう。

ただし、たんぱく質を過剰に摂取すると体脂肪に変わりますよ。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*