緑茶 ダイエット効果


緑茶 ダイエット効果 について

 

「緑茶にはダイエット効果がある!」
という事を聞いたことはないでしょうか?

緑茶に含まれるカテキンが脂肪燃焼を促進する、という事は、
某CMのおかげもあって多くの人が知っているのではないか、と思います。

しかし、緑茶に含まれる成分で、
ダイエット効果が期待できるものはカテキンだけではありません。

そこで、緑茶のダイエット効果についてまとめます。

a0002_011449

 

緑茶のダイエット効果

 

緑茶のダイエット効果が期待できる成分は以下の通りです。

 

 カテキン

カテキンには体脂肪を分解し燃焼を促進する効果がある、
という事は多くの人が知っていると思います。

 

また、カテキンは緒の中で糖分の分解スピードを遅くする働きがあります。

という事は、糖分の吸収スピードを遅くすることができます。

糖分の吸収スピードが遅くなれば、血糖値の上昇が緩やかになり、
糖分が体脂肪になりにくくなるので太りにくくなります

 

また、カテキンには血液中の脂肪を減らす働きがあります。

それで、血液がサラサラになるので血流れが良くなります。

血液の流れが良くなれば、
脂肪を燃やすのに必要な栄養や酸素が脂肪細胞まで届くので、
体脂肪が燃えやすくなり、痩せやすくなります。

 

 カフェイン

緑茶に含まれるカフェインには
体脂肪を分解し燃焼を促進する働きがあります

 

また、緑茶には利尿作用があります。

それで体内の毒素や老廃物が尿と一緒に体外に排出されやすくなりますので、
痩せやすい体になることができます。

 

緑茶を飲む時の注意点

 

緑茶に含まれるカフェインには体を冷やす働きがあります

温かいお茶を飲むと体が温まった感じになりますが、
ちょっと時間が経つと体は冷えてしまいます。

体が冷えると痩せのくくなりますので、
飲みすぎて体を冷やさないように注意が必要が必要です。

 

また、カフェインを摂取しすぎると、
むくみ解消に効果的なカリウムが尿と一緒に体外に排出されたり
尿がたくさん出るようになって水分不足になったりする恐れがあります。

そうなったら逆に太りやすくなります。

有酸素運動の前に緑茶を飲んでおくと、
脂肪が燃えやすくなってダイエット効果が高くなると言われています。

しかし、水分不足になって脱水症状を起こす恐れもあります。

有酸素運動を行う時には同時に水分補給を多めにする必要があります。

 

また、カフェイン中毒になる恐れもありますので注意が必要ですね。

 

緑茶を1日5杯以上(1杯150mlとする)飲むと太りやすくなる、
と言われています。

飲みすぎには注意が必要ですよ。

 

また、緑茶を飲んで大きく痩せたという話を聞いたことがありません。

痩せている人で1ヶ月だいたい0.5kg~1kgくらい減です。

今までほとんど緑茶を飲まなかった人が、
1日2~3杯飲み始めたことで1ヶ月1kg痩せることができた、
という人もいます。

しかし、多くの人がそんなに痩せることはできていません。

「飲むだけで短期間で大きく痩せる」といったものではありませんので、
過剰な期待をしないほうがいいですよ。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*