キトサン ダイエット効果


キトサン ダイエット効果 について

 

「キトサンにはダイエット効果がある!」
という事を聞いたことはないでしょうか?

えびやカニの甲羅に含まれるキチンを加工して作られたキトサンを
摂取し続けたら痩せた、という人がたくさんいます。

「摂取するだけで簡単に痩せることができる!」
というのは言い過ぎですが、
上手に活用することでダイエット効果が期待できます。

crab-19745_640

 

そこで、キトサンのダイエット効果について説明します。

 

キトサンとは?

 

キトサンのダイエット効果を知るには、
まずキトサンが一体どういったものなのかを知る必要があります。

キトサンとは、キチンという不溶性食物繊維を加工して作られたものです。

キチンはえびやカニの甲羅などに含まれています。

キチンは消化吸収することができません。

そのキチンを消化吸収できるように加工したのが
「キトサン」という事になります。

 

キトサンのダイエット効果

 

キトサンは食物繊維です。

ですから、一般的な食物繊維同様に整腸作用があります。

腸内環境が悪化すると、腸内に毒素が溜まります。

そしてその毒素が血液によって全身に運ばれます。

そうなると、毒素が邪魔で脂肪が燃えにくくなるので、
太りやすくなります。

キトサンを摂取することで腸の調子が整えば、
腸内環境が良くなりますので、ダイエット効果が期待できます

 

また、キトサンにはコレステロールの吸収を抑制したり、
血液中のコレステロールが減少することが分かっています。

実際にキトサンは
「コレステロールの吸収を抑え、血中コレステロールを低下させる食品」
としてトクホ(特定保健用食品)にもなっています。

 

キトサンは、腸で食べたものの脂分を包み込み、
体外に排出する働きがあるのでダイエット効果がある、
と言われることが多いです。

しかし、キトサンは人間の腸の中で脂分を包み込むことができるのかどうか
疑問視する声も多いです。

キトサンが胃酸に溶けていなければ、
脂分を包み込む作用が確認されています。

しかし、キトサンは胃酸で溶けてしまいますが、
胃酸で溶けたキトサンが脂分を包み込むことができるのかどうかは
確認されていません。

キトサンを摂取したら胃を通ってから腸に届きます。

つまり、腸には胃酸で溶けたキトサンが届くわけですね。

胃酸で溶けたキトサンが脂分を包み込むことが確認されていないので、
キトサンが腸の中で脂分を包み込んで外に排出する、という事に関しては、
疑問が残ります。

 

キトサンを摂取していた人の多くが、
「腸の調子が良くなって、ダイエット効果を実感できた」
という実感を持っています。

多くの人が整腸作用を実感しているわけですから、
キトサンが腸内で脂分を包み込んで外に排出する、
という事を期待しないほうがいいでしょう。

 

ただし、キトサンには他の食物繊維同様、
脂分の吸収スピードを遅くする働きは期待できます。

脂分の吸収スピードがゆっくりになれば、
体脂肪になりにくくなりますので、ダイエット効果が期待できます。

 

キトサンを摂取する際の注意点

 

キトサンの元になるキチンは、えびやカニの甲羅に豊富に含まれています。

だからといって、えびやカニの甲羅を食べてもキトサンを摂取できません

キトサンはサプリメントなどの加工食品からしか摂取できません。

 

また、キトサンの元になるキチンはえびやカニの甲羅以外にも、
乳製品やキノコ類などにも含まれています。

しかし、キトサンのサプリメントのほとんどは、
えびやカニから抽出したキチンを加工して作られています。

ですから、えびやカニのアレルギーの方は注意が必要です。

アレルギーの方は原材料をきちんとチャックする必要がありますね。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*