夏の脚のむくみの原因 解消法


夏の脚のむくみの原因 解消法 について

 

「夏になると、脚がむくんでパンパンになってしまう!」
あなたはそのように悩んでいないでしょうか?

そのように悩んでいる人は本当に多いですね。

mukumi

 

では、なぜ夏になると脚がむくみやすくなるのでしょうか?

また、脚のむくみを解消する方法はないのでしょうか?

 

夏の脚のむくみの原因は?

 

夏のむくみの最大の原因は、冷房や冷たい飲み物などによる冷えです。

 

冷房の効いた部屋に長時間いると、体が冷えます。

また、冷たい飲み物を飲むと体が冷えます。

体が冷えると血液の流れが悪くなります。

それで脚は心臓から遠いですよね。

ですから、血液の流れが悪くなると脚に大きな影響をおよぼします。

つまり、脚まで十分に血液が流れなくなってしまうのです。

血液が流れなくなるとリンパの流れも悪くなります。

リンパの流れが悪くなると細胞の余分な水分を運ぶことができなくなります。

細胞の余分な水分は、リンパによって血液まで運ばれ、
そして腎臓まで運ばれて尿として体外に排出されてしまうわけです。

リンパの流れが悪くなって細胞の余分な水分を運び出すことができなくなると、
細胞に水分が溜まる一方になりますよね。

それで、むくんでしまうわけです。

 

むくみを放置すると…

 

むくみを放置すると、セルライトができやすくなります。

セルライトとは脂肪と老廃物が混ざった物の塊です。

 

細胞内の老廃物や毒素は余分な水分と同じように、
リンパによって運ばれ体外に排出されます。

むくんでいるという事はリンパの流れが悪くなっているという事です。

という事は細胞の老廃物と毒素を
運び出すことができない状態になっています。

そして、老廃物と毒素が邪魔で脂肪が燃えにくくなります。

そうなると、毒素と老廃物、脂肪が脚に溜まる一方になります。

それで、溜まっていく脂肪に毒素と老廃物が混ざるようになります。

そうしてできたものがセルライトです。

つまり、リンパの流れが悪くなると毒素と老廃物、脂肪がたまりやすくなるので、
セルライトができやすくなる、という事になります。

 

脚のむくみが気になる場合、早くリンパの流れを良くしないと、
セルライトが出来てしまいますよ。

セルライトは一度できるとなかなか落とせなくなります。

ですから、脚のむくみが気になったら、
セルライトが出来る前に早めに対処することが大切です。

 

夏の脚のむくみを解消するには?

 

夏の脚のむくみの最大の原因は体の冷えです。

ですから、体が冷えないようにすることが非常に大切になります。

 

自宅にいるときは冷房の設定温度に注意して
体が冷えないようにする必要があります。

職場の場合は、できればエアコンの設定温度を上げてもらうように
してもらうといいですよ。

しかし、エアコンの温度を上げてもらうのは非常に難しいと思います。

ですから、エアコンの効いた部屋にいるときは何かをはおるなど、
体が冷えないような工夫をする必要があります。

また、冷たい飲み物や食べ物は体を冷やしますので、
なるべく避けるようにするといいでしょう。

熱中症対策では、飲む水は5℃~15℃が良いとされています。

しかし、冷え対策では体温よりもやや高い温度の水(ぬるま湯)が良い、
とされています。

外出中やその前後は熱中症対策として水分補給をする必要があると思います。

ただ、夏に脚のむくみが気になる場合は、外に出る機会が少ないと思います。

ですから、外出中やその前後以外は冷たい飲み物を避け、
できるだけ体温よりも高い温度(50℃くらい)の水を
飲むようにするといいですよ。

 

また、脚のむくみの原因は脚のリンパや血液の流れの悪化が原因です。

夏の脚のむくみの原因は、体の冷えだけではなく、
元々脚の血液やリンパの流れが悪かったところに
体の冷えによってさらに血流やリンパの流れが悪くなって
むくみがひどくなった、というケースが多いと言われています。

ですから、脚のリンパや血液の流れを良くすることも大切です。

脚のリンパや血液の流れを良くして脚を細くする方法は以前紹介しました。

興味があればそちらを参考にしてください。

 

参考記事:短期間で簡単に脚を細くする方法~ミニスカートが似合うようになる脚やせ方法

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*