汗 ダイエット 関係


汗 ダイエット 関係 について

 

「夏は汗をたくさんかくから痩せる!」
「サウナで汗をたくさんかくと痩せる!」
そのように考えている人は多いようですね。

そのせいでしょうか、汗とダイエットとは全く関係がない、
という文句をいろいろなところで見かけます。

sentou_sauna

 

確かに汗をかけば体重は減ります。

サウナで汗をたくさんかくと体重が減りますよね。

しかし、水分補給をすればすぐに元に戻ってしまいますよね。

サウナなどで汗をかいた後に体重が減るのは
単に体内の水分が減っただけです。

つまり、脱水症状に近い状態になっています。

そんな状態が続いたら体に悪いですし、
逆に体脂肪が減りにくくなるので太りやすくなります。

サウナで減った体重は、
すぐに水分補給をして元の体重に戻す必要がありますよ。

 

ダイエットとは体脂肪を減らすことを目標にします。

体内の水分を減らして体重を減らしても、
それはダイエットとは言えないです。

汗をかいても目先は全くと言っていいほど体脂肪は減りません

 

ちなみに、夏に体重が減るのは単に食欲がなくなるからであって、
汗をかくことで体脂肪が減って体重が減るわけではありません。

 

恐らく、汗をかくと体脂肪も減ると思っている人が多いので、
「それは違う!」という事で、汗をかいてもダイエットにはならない、
という文句をよく見かけるのではないか、と思います。

 

では、汗をかくこととダイエットは全く関係がないのでしょうか?

 

汗とダイエットの関係

 

今説明した通り、汗をかいて体重を減らしても、
水分が減っているだけで体脂肪は減りません。

では、汗をかいても全くダイエット効果はないのでしょうか?

 

実は、汗をかくと痩せやすい体になります。

汗をかくと体内の老廃物や毒素を外に排出することができます。

体内に毒素や老廃物が溜まっていると、体脂肪の燃焼の邪魔になります。

そうなったら、脂肪は減らないのに体内にたまっていく一方ですよね。

ですから、太りやすくなるのです。

汗をかくことで体内の老廃物や毒素を体外に排出すれば、
脂肪が燃えやすい体になりますので痩せやすくなります

ただし、ウォーキングやジョギングで汗をかいても、
体内の老廃物や毒素はほとんど体外に排出されないと言われています。

体内の老廃物や毒素が汗と一緒に体外に排出されるのは
たくさん汗をかいたときだと言われています。

つまり、ウォーキングやジョギングでかく汗の量では、
体内の老廃物や毒素を体外に排出できないそうです。

サウナで汗をかいたり、あるいは運動時にサウナスーツを着て汗をかけば、
たくさん汗をかくので体内の毒素や老廃物を外に排出することができる、
と言われています。

 

痩せる汗と太る汗

 

汗をかくとデトックスできるので痩せやすくなると言われていますが、
実は汗をかくと太りやすくなる場合があります。

汗には痩せやすい汗と太りやすい汗がある、と言われています。

汗をかくことで体内のミネラルが一緒に外に排出されると
太りやすくなります。

ミネラルは体脂肪を燃やすのに必要です。

そのミネラルが体外に排出されると
脂肪が燃えにくくなるので太りやすくなってしまうのです。

それで、汗によってミネラルが排出されているのかが分かります。

サラサラした小粒の汗は
ミネラルが体外に排出されないので痩せやすく、

ベトベトした大粒の汗は
ミネラルが体外に排出されるので太りやすくなります

ベトベトした大粒の汗が出る原因は
汗腺機能が低下しているからです。

汗腺機能とは文字通り汗を出す機能のことになります。

汗腺機能が正常であれば、ミネラルの排出を抑えることができ、
また、小粒でサラサラした汗になります。

しかし、汗腺機能が低下をすると、ミネラルの排出を抑えることができず、
また、大粒でベトベトした汗になります。

汗腺機能が衰える原因は、
エアコンなどの普及で汗をかく機会が減ったから、
と言われています。

ですから、汗腺機能を正常にするには汗をかく機会を増やすと良い
と言われています。

サウナや岩盤浴に行ったり、あるいは半身浴をするなどして汗をかくと、
汗腺機能が正常になり、痩せやすい汗に変わるでしょう。

また、大豆などにたくさん含まれる「レシチン」という成分も、
汗腺機能を回復されるのに効果がある、と言われています。

 

汗をかかない体質だと太る?

 

さて、人によって汗の量は違いますよね。

同じ気温でも大量に汗をかく人、全然汗をかかない人がいます。

では、汗をかかない体質だと太るのでしょうか?逆に痩せるのでしょうか?

 

汗をかかない体質の人は太りやすいと言われています。

汗は体温調整をするのに非常に重要な働きをしています。

熱くなったら汗をかいて温度を下げることで、
体温が上昇するのを防いでいます。

汗をかかないと体の表面の温度が下がりません。

そうなるとその熱が体の中まで伝わるので体温をあげます。

そうなったら、体は「これ以上体温が上がったらやばい」と判断します。

それで、体温が上がらないようにするわけですね。

体温が上がらないようにするには、
体内で熱を作り出さなければいいわけですね。

体内で熱を作り出すには、糖質や脂質を燃やします。

ということは、体内で熱を作り出すのをやめてしまうという事は、
糖質や脂質を燃やさなくなります。

それで、体脂肪が減らなくなるどころか、逆に脂肪が余りやすくなり、
体脂肪がどんどん増えますので、太りやすくなるのです。

汗をかかなくなる原因は、汗腺機能が衰えるのと原因は同じで、
汗をかく機会が減るからです。

サウナや岩盤浴、半身浴などで汗をかくようにするといいですよ。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*