漬物 便秘


漬物 便秘 について

 

「漬物には便秘解消効果がある!」
と、テレビで放送されてから話題になっていますね。

なんと、漬物をたくさん食べる青森県民は便秘になる人が少ない、
なんていうことがテレビで放送されていましたね。

a0002_004812

 

では、なぜ漬物には便秘解消効果があるのでしょうか?

 

漬物の便秘解消効果

 

漬物は原料を発酵して作られます(一部を除く)。

発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれています。

乳酸菌は腸の悪玉菌を減らし善玉菌を増やすので、
腸の調子が良くなり便秘解消の効果が期待できるのです。

 

以前、乳酸菌は生きて腸まで届かないと
便秘解消効果が期待できない、と考えられていました。

それで、スーパーなどで売られている漬物は加熱処理されたものが多く、
乳酸菌が生きていません。

ですから、スーパーなどで売られている漬物には
便秘解消の効果が期待できない、と考えられていました。

しかし最近、乳酸菌は生きていても死んでいても、
腸に届けば善玉菌のエサになり、
善玉菌が増え悪玉菌が減るので便秘解消の効果がある、
という事が分かってきました。

乳酸菌は生きたまま腸に届いたとしても悪玉菌を減らさず、
腸で死んでから善玉菌のエサになる、という事です。

ですから、乳酸菌が生きたまま腸に届こうが、
死んでから腸に届こうが同じだという事が分かってきたんです。

ですから、スーパーで売られている加熱処理された漬物にも
便秘解消効果が期待できますよ。

 

便秘解消効果のある漬物、効果のない漬物

 

漬物といっても種類はたくさんあります。

それで、漬物であればどんなものでも便秘解消効果があるのかと言えば、
実はそういうわけではありません。

 

便秘解消効果のある漬物は、発酵されて作られたものです。

ぬか漬け・塩漬け・たくあん漬けなどは発酵されて作られていますので、
便秘解消効果が期待できます。

あと、キムチも漬物と考えていいと思いますが、
キムチも発酵して作られますので便秘解消効果が期待できます。

 

ただし、塩漬けでも一夜漬けは発酵されていませんので、
便秘解消効果が期待できません。

また、酢漬け、しょうゆ漬け、みりん漬け、粕漬け、みそ漬けなども
発酵して作らないので便秘解消効果は期待できません。

ちなみに、ピクルスは発酵食品ですが、
発酵の過程を省略するために酢につけたものは発酵食品と言えません。

 

原料に便秘解消効果が期待できる場合、
その原料の便秘解消効果は期待できます。

例えば、キャベツには食物繊維が含まれていますので、
便秘解消効果が期待できます。

それで、キャベツを一夜漬けにした場合、
食物繊維が含まれていますので便秘解消効果が期待できますが、
乳酸菌が含まれていないので便秘解消効果は高くなりません。

発酵させない場合、漬物にしてもしなくても便秘解消効果は変わらない
という事になります。

 

漬物を食べる際の注意点

 

漬物は塩分がたくさん含まれています。

ですから、塩分の摂りすぎに注意が必要です。

 

その他の発酵食品

 

発酵食品は漬物だけではありません。

その他にもまだまだたくさんあります。

納豆・みそ・しょうゆ・かつおぶし・ヨーグルト・チーズなどが
発酵食品になります。

これらの発酵食品は、漬物と同じように便秘解消効果が期待できます。

 

漬物で便秘を解消できないこともある!?

 

発酵食品で便秘を解消できるのは、初期の段階だけです。

物心ついたときから漬物を食べ続けていれば、
便秘にはなりにくくなるでしょう。

しかし、ある程度便秘がひどくなると、
漬物などの発酵食品を食べても便秘解消効果が期待できません

 

また、便秘にはいくつか種類があります。

それで、漬物などの発酵食品を食べても
便秘解消効果が全く期待できない場合があります

 

便秘解消については以前説明しました。

興味のある方はそちらを参考にしてください。

 

参考記事:便秘を解消してダイエット!~簡単に痩せるための第一歩

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*