腹巻のダイエット効果~間違えると太りやすい体質になることも!


腹巻 ダイエット効果 について

 

腹巻と言えば、私はどうしても寅さんを思い出してしまいます。

また、私が小さいころは、近所のおじさんで腹巻をしている方がいたのですが、
どうしてもおじさんのイメージが強いですよね。

010102midman06mwb

 

でも、最近はオシャレな腹巻が増えましたけね。

若い女性が腹巻をしていても全然変じゃなくなりましたね。

 

そんな腹巻にもダイエット効果があるんです。

腹巻を膜だけで痩せることができる簡単ダイエット、という事もできますが、
巻き方次第では太りやすい体質になることもあります。

 

では、腹巻のダイエット効果と効果的なやり方について説明します。

 

腹巻のダイエット効果

 

腹巻の最大の効果は体を温めることです。

 

体が冷えると血液の流れが悪くなります。

そうなると、脂肪を燃やすのに必要な
栄養(ビタミンやミネラルなど)や酸素が届きません。

ですから、脂肪が燃えにくくなるので太りやすくなります。

 

また、体を温めるだけでもエネルギーを消費します。

つまり、体が冷えると消費されるエネルギー量が少なくなります。

 

実際に体温が1℃下がると、エネルギー消費量が12%減る、
という研究結果があるんです。

 

ですから、腹巻をすることで体を温めると痩せやすくなります

 

また、腎臓が冷えると尿が出にくくなります。

それで、体に余分な水分がためられてしまいます。

そうなると、体がむくみやすくなります。

むくみが続くとその場所の脂肪は燃えにくくなりますし、
セルライトができやすくなります。

それで、腎臓を温め排尿を促すと、
体内の余分な水分が排出されてむくみを解消できるので、
脂肪がつきにくくなり痩せやすくなるのです

 

腹巻のダイエットに効果的な使い方

 

腹巻の素材は、シルクよりもウールのほうが温める効果が高いので
そちらのほうがダイエット効果が高くなることが期待できます。

それよりも遠赤外線素材のほうがいいです。

予算を考えながら、腹巻を選ぶといいでしょう。

 

そして、腹巻は女性はウエストよりもやや上に、
男性は腰に付けると良いですよ。

 

また、腹巻をしながらエクササイズをするなど体を動かすと
さらにダイエット効果が高くなります。

 

腹巻をダイエット効果を期待して使う時の注意点

 

腹巻は体を温めますが、温まりやすい体になるわけではありません。

つまり、外側から体を温めているだけであって、
冷え体質を改善しているわけではありません。

それで、腹巻に頼りすぎると、
体の体温を上昇する機能が衰える恐れがあります。

つまり、冷えやすい体質になる恐れがあるのです。

ですから、腹巻を常時使用するのはやめて、
1日2~3時間くらいにしておいたほうがいいでしょう。

 

最近はオシャレな腹巻があったり、
パンツと一体になった腹巻もありますよね。

ですから、腹巻をしながら外出することに抵抗がなくなっていますよね。

しかし、常時腹巻をしていると、
冷え体質になる可能性がありますので注意が必要です。

 

腹巻き美人ダイエット―おなかを温めて、きれいにやせる!

新品価格
¥1,296から
(2014/5/5 18:15時点)

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*