便秘お茶の副作用~お茶なのに副作用があるの?


便秘 お茶 副作用 について

 

「便秘解消に効果的というお茶を飲み続けたら便秘がひどくなった!」
そのように悩んでいる方って非常に多いですよね。

“お茶”というくらいですから、
安全な飲み物のような印象を持ってしまうと思います。

しかし、便秘お茶には危険性もひそんでいるんです。

a0006_000902

 

また、便秘がひどくなること以外にも
便秘お茶には様々な副作用が考えられます。

では、どのような副作用があるのでしょうか?

 

便秘お茶の副作用

 

便秘お茶には「センナ」「キャンドルブッシュ(別名:ゴールデンキャンドル)」
「大黄(ダイオウ)」「アロエ」のいずれかが使われているものが多いです。

これらの原料には、実は下剤と同じ成分が含まれています

 

下剤のなかでも、腸を刺激するタイプのものが
一番副作用の強いものになりますが、
その腸を刺激する成分が含まれているんです。

腸を刺激し続ける成分は人間の体にとっては毒です。

毒に対しては人間は免疫を作って体に影響を与えないようにします。

腸を刺激する成分に対して免疫ができたら、
腸が刺激されなくなりますよね。

そうなると、その成分をどれだけ摂取しても便秘を解消できなくなります。

 

また、下剤の副作用は有名なものだと、
腹痛、下痢、頭痛、吐き気などがありますよね。

そのような症状が出たらすぐに下剤を飲むのをやめるべきです。

 

それよりも恐ろしい副作用があります。

それは「大腸メラノーシス」です。

大腸メラノーシスというものになったら、
その部分は腸としては全く機能しなくなります。

そうなったら、もう便を肛門まで送り出すことができなくなりますよね。

それで、ますます便秘がひどくなってしまうのです。

下剤を飲んでも何をしても排便できなくなります。

そうなったら、最悪手術して便を取り出さないといけなくなります。

また、大腸がんなどになる可能性が高くなりますよ。

 

また、便秘お茶の中には「センナ」「キャンドルブッシュ」「大黄」「アロエ」が
入っていないお茶もあります。

しかし、それでもカフェインが入っているものがほとんどです。

カフェインは適量を摂取しているのであれば問題ないですが、
たくさん摂りすぎると、胃腸を弱らせたり神経に異常をきたしたり
することがあります。

 

ですから、「センナ」「キャンドルブッシュ」「大黄」「アロエ」と
「カフェイン」が入っている便秘お茶は副作用が考えられます

 

副作用の心配のない便秘お茶はあるのか?

 

では、副作用の心配のない便秘お茶はあるのでしょうか?

「センナ」「キャンドルブッシュ」「大黄」「アロエ」「カフェイン」の
いずれも入っていないお茶であれば、副作用の心配はいらない、
という事になりますよね。

しかし、お茶には便秘に効果があろうがなかろうが、
カフェインは入っているものが多いです。

という事は、副作用の心配のない便秘お茶なんてありえない、
なんて考えてしまいませんか?

 

実は、「センナ」「キャンドルブッシュ」「大黄」「アロエ」「カフェイン」の
いずれの成分も入っておらず、副作用の心配のない便秘お茶があります

それは「するっと抹茶」です。

「するっと抹茶」は、水溶性食物繊維が豊富に配合されているので、
便秘解消効果が期待できます。

それで、下剤に含まれている成分やカフェインなどが一切入っていません。

しかも、無添加ですし、天然素材100%なので、
非常に安全性の高い便秘お茶になります。

 

ただし、即効性は期待できないです。

何日間か飲み続けることで、便秘解消効果が期待できます。

でも、飲んでからすぐにどっさり出るようなものは、
強引に出している感じがするので、副作用が心配です。

 

その点、「するっと抹茶」は自然に出てくる感じなので安心ですね。

 

「するっと抹茶」の体験談をまとめたサイトがあります。

興味のある方はそちらを参考にしてください。

 便秘お茶「するっと抹茶」体験談

 

今すぐ「するっと抹茶」を購入したい、
あるいは商品について詳しく知りたいという方は、
「するっと抹茶」公式サイトをご覧ください。

 「するっと抹茶」公式サイトへ

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*