枝豆 ダイエット 効果


枝豆 ダイエット 効果 について

 

「枝豆にはダイエット効果がある!」
そんな事を聞いたことはないでしょうか?

「枝豆を食べるだけで簡単に痩せることができる!」
とまでは言いませんが、
枝豆を上手に活用することでダイエット効果が期待できます。

a0002_011378

 

では、なぜ枝豆にはダイエット効果が期待できるのでしょうか?

また、どのように食べるとより高いダイエット効果を実感できるのでしょうか?

 

枝豆のダイエット効果

 

まず、枝豆にはビタミン、ミネラル類が豊富に含まれています

ビタミンB1は糖質の燃焼をサポートします。

また、ビタミンB2は脂質の燃焼をサポートします。

そして、カリウムは体内のナトリウム(塩の主原料)を
体外に排出する働きがあります。

ナトリウムはむくみの大きな原因になりますので、
カリウムにはむくみ解消の効果が期待できます。

 

また、枝豆には大豆と同様にたんぱく質が豊富に含まれています

たんぱく質は筋肉の原料になりますよね。

たんぱく質が不足すると筋肉が減りやすくなります。

そうなると、太りやすくなります。

たんぱく質不足を補う事で筋肉が減りにくくなれば、
太りやすくなるのを防ぐことができます。

 

また、枝豆には食物繊維が豊富に含まれています

食物繊維は腸の調子を整えるのをサポートします。

腸の調子が良くなれば太りにくくなります。

 

また、枝豆に含まれるサポニンには、
脂肪の吸収を抑える作用があります

 

以上のことから枝豆にはダイエット効果が期待できるのです。

 

枝豆のダイエットに効果的な食べ方

 

枝豆は50g(25さやくらい)で約70kcalです。

普段食べているおやつの代わりに枝豆を食べると、
摂取カロリーを減らすことができるでしょうし、
ダイエットに効果的な栄養を摂取することができますので、
ダイエット効果が期待できます。

 

また、普段の食事のおかず一品を枝豆に変えると、
ダイエット効果が期待できることがあります。

サラダを枝豆に変えてもあまりダイエット効果を
期待することができないでしょう。

しかし、肉類を枝豆に変えれば、
たんぱく質を減らさず脂質を減らすことができ、
摂取カロリーも減らすことができるでしょうから、
ダイエット効果が期待できます

ただし、動物性たんぱく質(肉類などのたんぱく質)が少ないと、
体調を崩す原因になりますので、
肉類を極端に減らさないようにする必要があります。

 

「1日3食のうち1食を枝豆だけ食べていたら痩せた!」
という人がいますが、栄養が偏るのであまりおススメはできません。

 

枝豆をダイエット効果を期待して食べる際の注意点

 

枝豆にはプリン体がたくさん含まれています。

プリン体は痛風の原因になります。

尿酸値の高い人は注意が必要です。

 

また、枝豆には大豆イソフラボンが含まれています。

大豆イソフラボンは適量摂取すれば
ダイエットや美容などの効果が期待できます。

しかし、摂取しすぎるとホルモンバランスが崩れる、
と言われています。

注意が必要です。

 

また、枝豆は50g(25さやくらい)で70kcalとカロリーは低い方ですが、
食べ過ぎるとカロリーの過剰摂取で太ります。

また、枝豆を食べるとビールの飲む量が増える、という方は、
注意が必要です。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*