寝る前はちみつダイエット 効果


寝る前はちみつダイエット 効果 について

1216698649

「寝る前はちみつダイエット」は、
寝る1時間前に大さじ一杯のはちみつを食べるだけ、
というとっても簡単なダイエット方法です。

「えっ、そんなに簡単なことで痩せることができるの?」
なんて、驚きましたか?

では、寝る前にはちみつを食べると
なぜダイエット効果が期待できるのでしょうか?

 

寝る前はちみつダイエットの効果

 

はちみつダイエットの効果を握るのは成長ホルモンです。

人は寝ている間に成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは、たんぱく質、脂肪、炭水化物を使って、
人間の体を作っていくわけですね。

つまり、成長ホルモンが少ないと
脂肪や炭水化物が使われないわけです。

ですから太りやすくなるわけなんですね。

 

成長ホルモンは睡眠中に分泌されますが、
成長ホルモンを分泌を司るのが脳です。

そして、脳のエネルギーとなるのが
肝臓に蓄えられた糖質になります。

つまり、肝臓に蓄えられた糖質が不足すると、
十分に成長ホルモンが分泌されないので太りやすくなるわけです。

 

それで、寝る1時間前にはちみつを大さじ1杯食べると
肝臓に、成長ホルモン分泌に必要な糖質が蓄えられるので、
十分に成長ホルモンが分泌されて痩せやすくなる
という事になります。

 

また、はちみつにはミネラルやビタミンも含まれていますので、
寝る前に単に糖分を摂るのに比べ、ダイエット効果が高くなります。

 

寝る前はちみつダイエットの方法・ルール

 

寝る前はちみつダイエットは、
寝る1時間前に、はちみつを大さじ一杯食べる
という簡単なダイエット方法です。

しかし、ただ寝る前にはちみつを食べる、というだけでは
ダイエット効果が期待できなくなります。

寝る前はちみつダイエットには、
ダイエット効果を高めるポイントがあります。

そこで、ダイエット効果を高くするポイントを紹介します。

 

 1日3食バランスのとれた食事を食べる

 

食事は、炭水化物、たんぱく質、脂質をバランスよく取り入れ、
カロリーオーバーにならないように気を付けます。
ダイエット中だからといって、炭水化物の食べる量が少ないと、
成長ホルモンが十分に分泌されなくなり太りやすくなります。

 

 寝る1時間前にはちみつ大さじ一杯食べる

 

寝る1時間前にはちみつを食べることで、
成長ホルモンの分泌を促します。

 

 寝る3時間前には食事を済ませる

 

寝るときに胃に食べ物が入っていると、
睡眠の質が悪くなります。
そうなると、成長ホルモンの分泌が阻害されるので、
ダイエット効果が期待できなくなります。

 

 夕食以降は炭水化物を少なめにする

 

夕食やそれ以降でたくさん炭水化物を食べて、
寝る前にはちみつを食べると、
炭水化物・糖分の食べ過ぎで太りやすくなります。
しかし、炭水化物が不足すると睡眠の質が悪くなりますので、
減らしすぎてもいけません。
炭水化物をやや少なめにするのがいいでしょう。

 

 質の良い睡眠を心がける

 

せっかくはちみつで成長ホルモンのエネルギーを補給しても、
睡眠の質が悪ければ、成長ホルモンは十分に分泌されません。

 

 

以上が寝る前はちみつダイエットの効果を高くするポイントです。

 

寝る前はちみつダイエットの注意点

 

寝る1時間前に、はちみつを食べる量は大さじ一杯です。

食べ過ぎると太ります

食べる量をきちんと守りましょう。

 

あと、はちみつと一緒にリンゴ酢などお酢を摂ると、
ダイエット効果が高くなりますよ。

お酢には脂肪燃焼を促す効果があります。

 

おわりに

 

夜寝る前にはちみつを食べれば、
普通に食事をしても痩せることができる、という
何とも簡単で楽なダイエット法ですよね。

しかし、食べ過ぎたら太ります。

寝る前にはちみつを食べているからといって、
油断して普段の食事量を増やさないように注意しましょう。

普段の食事量を適切な量にしたうえで、
寝る前にはちみつを食べるとダイエット効果が期待できますよ。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*