お腹の肉をとるには


お腹の肉をとるには について

 

「全然食べてないのに、お腹の肉だけがとれない!」
そのように悩んでいる人ってたくさんいますよね。

食べる量を少なくすれば、お腹のお肉も自然と落ちることが多いですが、
場合によってはお腹のお肉だけが落ちない、という事もあります。

a0001_009105

では、なぜお腹の肉だけがとれないんでしょうか?

そして、簡単にお腹の肉をとる方法はないのでしょうか?

 

お腹の肉だけがとれない原因

 

お腹の肉だけがとれない原因は以下の2つのことが考えられます。

 

 便秘

便秘になると、食べたものを消化吸収できなくなります。

そうなると、消化吸収されない糖分(炭水化物など)や脂質が
腸の中にとどまります。

腸の中にとどまった糖分や脂質は腸の周りの細胞に蓄えられてしまいます。

それでお腹にお肉がついてしまうのです。

 

便秘が原因でおなかにお肉がついている場合は、
まずは便秘を解消する必要があります

便秘に関しては別のページで説明しましたので、
そちらをご覧ください。

参考ページ:便秘を解消してダイエット!

 

 骨盤のゆがみ

骨盤がゆがむと骨盤の周りの血液の流れが悪くなります。

そうなると、脂肪を燃やすのに必要な酸素や栄養(ビタミン・ミネラル類など)が
お腹に届かなくなります。

それで、骨盤周辺、つまりお腹周りの脂肪が減らなくなります。

ですから、お腹にお肉がついてしまうのです。

 

骨盤のゆがみを矯正する方法についてはこのページの下の方で説明しています。

 

腹筋でお腹の肉をとることができるのか?

 

「お腹の肉をとるには腹筋を鍛えるのが効果的だ!」
と思っている人が非常に多いですよね。

しかし、腹筋を鍛えておなかの肉をとるのは非常に効率が悪いです。

 

お腹のお肉だけとれない原因は便秘か骨盤のゆがみですね。

 

腹筋を鍛えると便秘が解消されることがあります。

そうなれば、お腹の肉をとることができるでしょう。

しかし、便秘は腹筋を鍛えなくても解消することができます。

腹筋を鍛えて便秘を解消するのは、非常に効率が悪いです。

 

そして、腹筋を鍛えても骨盤のゆがみを矯正することはできません。

骨盤を矯正するには、腹筋の内側にある骨を支える筋肉を鍛える必要があります。

骨盤のゆがみが原因でお腹に肉がついている場合、
腹筋を鍛えても肉をとることはできません。

 

ですから、腹筋を鍛えることでお腹の肉をとることができることはありますが、
非常に効率が悪いです。

お腹の肉がとれないこともあります。

mark_batsu

 

体のゆがみを矯正してお腹の肉をとるには?

 

骨盤のゆがみを矯正するには、
下のイラストのような骨盤を支えている筋肉(インナーマッスル)を
鍛える必要があります。

20130910074545
(「(c)フリーメディカルイラスト図鑑」より引用)

特に大腰筋を鍛えると効果的だと言われています。

 

インナーマッスルを鍛えることで体のゆがみを矯正し、
痩せやすい体になることができる方法は以前説明しました。

そちらを参考にしてください。

参考記事:インナーマッスルのダイエット効果と鍛え方

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*