リバウンドしないためにダイエット成功後に気を付けるべきこと!


リバウンドしない について

 

「ダイエットに成功したのにリバウンドしてしまった><」
と悩んでいませんか?

せっかくダイエットに成功したのにリバウンドしたという人は
本当に多いですよね。

metabolic_woman

 

ダイエットに成功した後に運動量や食事内容を元に戻したら、
リバウンドして当たり前だ!と考える人もいると思います。

確かにその通りです。

例えば筋肉を付けながら体重を減らしていくと
リバウンドしにくいと言われています。

しかし、ダイエットに成功した後に筋トレをやめてしまうと、
筋肉が落ちるので元の太りやすい体になってしまい、
リバウンドしやすくなる、といえますよね。

 

しかし、ダイエットに成功後に
ダイエット中の運動量と食事内容を維持しようとしても、
リバウンドしやすくなります

どれだけリバウンドしにくいダイエット法を実践したとしても
必ずリバウンドしやすい状態になります。

では、なぜダイエット成功後はリバウンドしやすくなるのでしょうか?

そして、リバウンドを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

 

リバウンドの原因は脳にある?

 

ここで、リバウンドしにくいと言われているダイエット法をあげておきます。

・減らす体重は今の体重の5%以内に抑える
・ダイエット中に筋肉を付ける
・適度な運動をする
・栄養バランスのとれた食事を食べる

これらのことを心がければ、ある程度はリバウンドを防ぐことはできます。

しかし、完全にリバウンドを防ぐことはできません。

実は、どのようなダイエット法を実践しても
体重が減ったらリバウンドしやすい状態になります。

それは、人間の脳は変化を嫌うからです。

 

私達は成長するにしたがって様々な変化がありましたよね。

小学生から中学生になったり、高校生になったり、社会人になったり…

そういった変化の時って、期待もあったと思いますが、
それと同時に不安もありませんでしたか?

「友達ができるかなぁ?」
「うまくやっていけるかなぁ?」
そんな不安があったと思います。

そして、結婚を控えていると「マリッジブルー」になる人が多いですよね。

マリッジブルーとは結婚をまじかに控えたときに、
新生活に不安や憂鬱を覚えることですね。

「結婚をしたい!」とずっと思っていたのに、
いざ結婚をまじかに控えると急に不安を感じてしまうんですよね。

 

これは、人間の脳が変化を嫌っているからです。

脳は「お願いだから変化しないで!」と叫んでいるんです。

それで、脳が変化を食い止めるために
「不安を感じろ!」と命令を出すわけですね。

だから、変化に対して不安を感じてしまうんです。

 

そして、それは体形の変化に対しても起こります。

思春期は精神的に不安定になりやすいですが、
これは精神的にも肉体的にも大人に変化していくので、
そのことに対して不安やイライラを感じているから、
と言われています。

つまり、脳が変化を嫌っているので、
不安やイライラを感じるように命令を出している、という事なんです。

 

ダイエットも同じです。

脳は体重が減り、体型が細くなっていく、
つまり変化していくのを嫌います。

脳は「お願いだから元の体重に戻って!」と叫んでいるんです。

それで、脳は元の体重に戻すために
「空腹感を出せ!満腹感を出すな!」
と命令を出すわけです。

 

ダイエットに成功すると、
空腹中枢を刺激するホルモン(グレリン)が分泌されやすくなり
満腹中枢を刺激するホルモン(レプチン)が分泌されにくくなる、
と言われています。

それは、脳が元の体型に戻すためにそのように命令を出すわけですね。

 

また、場合によっては不安な気持ちにさせる事だってあります。

 

私は3ヶ月半で16.7kg痩せることができました。

その時私は「ひょっとして病気になってないかなぁ?」なんて不安を覚えました。

それで、健康診断に行こうと考えたりもしましたよ。

でも面倒だったし、調子が悪い所は全然なく、
逆に疲れにくくなって健康的になりましたので
結局健康診断してもらいませんでしたけどね。

ちなみに、ダイエットに成功してから約10ヶ月後に
定期健康診断を受けましたが、
異常はありませんでしたよ。

 

脳は変化を嫌うから、元の体型になるように命令をだしてしまうので、
どんなダイエット法を実践してもリバウンドしやすい状態になるのです

 

ダイエットでリバウンドを防ぐには?

 

今、説明した事からわかると思いますが、
ダイエット成功後、あるいはダイエット中に体重が減っている時は、
空腹感を感じやすくなり満腹感を感じにくくなります。

この状態がダイエット成功後1年近く続く、と言われています
(3年続くという説もあります)。

 

それで、満腹感を感じやすくするようにすることで、
リバウンドを防ぐことができます

時間をかけてゆっくり噛んで食べると満腹中枢が刺激されやすい、
と言われています。

私はダイエット成功後におなかが空いたときは、
山盛りのキャベツの千切りをゆっくり時間をかけて食べていました。

そうすると、満腹感を感じることができます。

そして、キャベツはカロリーが低いので、
山盛り食べても太りにくいですからね。

ただし、キャベツは体を冷やしますので、
キャベツの千切りを食べた後は体を温めるために
紅茶に生姜をすりおろした時に出る汁を入れて飲んでいました。

 

あと、甘いものやお肉などが食べたくなったりした時がありましたが、
そういう時もキャベツをおなかが苦しくなるまで食べていました。

そうすると、甘いものやお肉を食べることを想像すると、
「これ以上食べるとおなかが痛くなるなぁ~」
なんて考えて、食べたいという気持ちがなくなりましたね。

 

あと、空腹感を感じたときにテトリスをすると良い、
最近言われるようになりましたね。

夢中になれることをすれば、空腹感を紛らわすことができますよね。

 

あと、脳に痩せている自分の姿を焼き付けると良い
と言われています。

そうすると、脳が痩せているのが当たり前だと判断をして、
元の体型に戻るように働きかけなくなる、という事なんです。

私はダイエット成功後は毎日、全身が映る鏡で自分の姿を見て
「この美しいスリム体型がいつまでも続きます!」
と自分に言い聞かせ続けていますよ。

ダイエット中もスリムな自分を想像していると良い、
と言われています。

私はダイエット中はそういう事はしなかったんですけど、
したほうがいいのかもしれませんね。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*