内臓脂肪の落し方 腹筋 簡単


内臓脂肪の落し方 腹筋 簡単 について

 

「健康のために内臓脂肪を減らしてください!」
健康診断などで医者からそんなことを言われたことはありませんか?

30歳を超えると、内臓脂肪が増えやすくなりますよね。

しかし、それを放置しておくと高血圧、糖尿病、動脈硬化など
成人病になりやすくなります。

ですから、健康的な毎日を送るためにも体脂肪は減らしたいものです。

metabolic_woman

 

しかし、内臓脂肪を減らそうと思っても、
簡単には減らすことができないですよね。

「内臓脂肪を簡単に落とすことができる方法はないかな?」
なんて考えたりしませんか?

 

という事で、簡単に内臓脂肪を減らすことのできる方法がないか、
検証していきます。

 

内臓脂肪とは?~皮下脂肪との違いは?

 

まず、内臓脂肪について簡単に説明します。

 

体脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪に分けることができます。

 

内臓脂肪は、お腹の内臓周りにたまる脂肪です。

皮下脂肪は皮膚の真下にたまる脂肪です。

 

お腹をつまんでつかめるのが皮下脂肪、
つかむことのできないのが内臓脂肪です。

 

脂肪を減らすには、脂肪を燃焼させる必要がありますが、
内臓脂肪は皮下脂肪と比べると燃えやすいという特徴があります。

 

内臓脂肪を減らす基本

 

内臓脂肪を減らすには、内臓脂肪を燃焼すればいいわけです。

内臓脂肪は、エネルギー不足になれば燃焼します。

 

私達は食べた物をエネルギーに変えて動いています。

しかし、食べた物が少なくて不足した場合、
今度は体内にためておいた脂肪をエネルギーに変えます。

体脂肪は燃焼するとエネルギーに変わります。

 

つまり、消費エネルギー>摂取エネルギーの状態になれば、
内臓脂肪を減らすことができる、という事になります。

 

腹筋で内臓脂肪を減らすことができるのか?

 

内臓脂肪はお腹周りについた脂肪です。

そこで、腹筋を鍛えることで内臓脂肪を減らすことができるのではないか?
と考える人は少なくないですよね。

これはおそらく、腕や脚の筋肉を鍛えると脂肪を減らして細くできるので、
同じようにお腹周りも筋肉を鍛えると脂肪を減らせるのではないか?
という発想からきていると思います。

 

しかし、腕や脚とお腹周りはちょっと違います。

腕や脚の筋肉を鍛えると、血液の流れが良くなります。

血液を送り出す力が強くなるので、流れが良くなるのです。

それで、脂肪が減りやすくなるのです。

しかし、お腹周りは心臓に近いので、
筋肉を鍛えてもそんなに血液の流れはよくなりません。

腹筋を鍛えなくてもお腹周りは
そんなにも血液の流れは悪くはならないです。

 

また腹筋を鍛えると便秘解消効果が期待できますので、
それによって内臓脂肪をある程度減りやすくなります。

しかし、便秘でない方は内臓脂肪を減らすことができません。

また、便秘を解消しても「消費エネルギー>摂取エネルギー」にならないと
内臓脂肪はたまる一方なので、減らすことはできません。

 

また、筋肉を鍛えると
基礎代謝(体内器官が消費するエネルギー)が増えるので、
内臓脂肪が減りやすくなります。

しかし、お腹周りはそんなに筋肉が多くありません。

また、筋肉は鍛えるのに限界があって、
限界まで鍛えられた筋肉はそれ以上鍛えることができません。

ですから、腹筋を鍛えたところで
基礎代謝をそんなに大きく上げることができないです。

 

腹筋に内臓脂肪を減らす効果が全くないとは言いません。

ただし、効果は限定的ですし、非常に効率が悪いです

 

内臓脂肪を減らす簡単な方法とは?

 

内臓脂肪を減らすには、
「消費エネルギー>摂取エネルギー」
の状態にならないといけません。

という事は、運動量を増やすか食べる量を減らすかの
どちらかで内臓脂肪を減らすことができる、という事になります。

 

運動をするか、食べる量を減らせば体脂肪は減らせる、
という事はおそらく多くの人が知っていることだと思います。

しかし、毎日運動を続けたり、食べる量を減らしたりすることは、
多くの人が苦痛を感じてしまう事だと思います。

だから、なかなか内臓脂肪を減らすことができずに
悩んでしまうんですよね。

 

そんななか、最近注目されている方法があります。

それが「ファスティング」(断食)です。

1日か2日間、食べ物は一切食べずドリンクだけで過ごすことで、
大幅に摂取カロリーを減らすことができます。

また、断食中「酵素ドリンク」を飲んでいれば、
そんなにもお腹は空かないので、ツラくありません。

 

ファスティングを月に1回~2回だけおこなって、
徐々に内臓脂肪を減らしている人は多いです。

また、時々ファスティングをすることで胃腸を休めることができるので、
胃腸の調子が良くなって体調が良くなった、という人が多いです。

また、ファスティングがきっかけで
食事を腹八分目で抑えるようになったりするなど、
普段の食生活を見直すことができた人も少なくありません。

普段の食生活を改善できれば、
体脂肪を減らすことができますよね。

 

食べる量を大幅に減らすとリバウンドしやすい体になる、
と言われていますよね。

しかし、そんなに急激に痩せなければ、リバウンドの心配はありません。

1ヶ月に減らす体重を今の体重の5%以内にすれば、
リバウンドしやすい体にはならない、と言われています。

私がファスティングを1日行ったら、
大体1.5kgくらい体重を減らすことができました。

ほとんどの人が1日のファスティングで、
1kg~2kgくらい体重を減らしています。

それで、体脂肪が気になっている方なら、
1日間のファスティングを月に1回~2回おこなっても、
体重の5%以上痩せることはないと思います。

 

仕事が休みの日などに時々ファスティングをすることで、
健康的にリバウンドの心配なく内臓脂肪を減らすことができるでしょう

 

私は1日間のファスティングを何回か行ったことがあります。

その時の体験談を以前書きましたので、
そちらを参考にしていただければと思います。

 

参考記事:断食体験談~1日断食のダイエット効果は?

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*