睡眠不足だと太る原因に!~睡眠不足はダイエットの大敵!


睡眠不足 太るについて

illust2821

睡眠不足は太る原因になる、という事を
1度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

最近の調査で、睡眠時間が6時間未満の方に
肥満が多い、という事が分かってきました。

睡眠不足だと、簡単にダイエットすることができなくなるばかりか、
どれだけ頑張っても痩せない、なんていう事にもなりかねません。

では、なぜ睡眠不足は太る原因になるのでしょうか?

 

睡眠不足だと食欲が増すので太る原因になる

 

食欲に関するホルモンに「レプチン」と「グレリン」という、
2つのホルモンがあります。

「レプチン」は、食欲を抑えるホルモンです。

「グレリン」は、食欲を増進するホルモンです。

このホルモンのバランスが取れていることで、
適正な食事量を保つことができるのです。

 

しかし、睡眠不足だとこのホルモンのバランスが崩れ、
「グレリン」が増え「レプチン」が減ります。

そうなると、空腹感を感じやすく満腹感を感じにくくなります。

それで食べる量が多くなりがちになるので、
太りやすくなるわけですね。

 

簡単に言えば、睡眠不足だとおなかが減りやすくなるから、
食べる量が多くなりがちなので太りやすくなる、という事になります。

 

では、なぜそうなるのでしょうか?

 

それは、人間の防衛本能が働くから、という説があります。

睡眠不足だと生命の危機にさらされていることになります。

生命の危機にさらされると、
人間の体は食糧不足に備えて脂肪を体内に溜めこもう
とします。

ですから、空腹感を感じやすくなる、という事です。

 

睡眠不足だと脂肪が分解されにくくなるので太る原因になる

 

睡眠不足だと成長ホルモンの分泌量も少なくなります。

「寝る子は育つ」なんて言われていますが、
睡眠中に成長ホルモンが分泌されるので育つ、
という事になります。

成長ホルモンは、炭水化物、たんぱく質、脂肪を
分解して人間の体を作ります。

という事は、成長ホルモンが少ないと、
脂肪が分解されにくくなりますので太りやすくなる
という事になってしまうのです。

 

成長ホルモンは年齢とともに減少していきます。

年齢を重ねるにつれて太りやすくなるのは、
成長ホルモンの減少が原因の一つです。

 

睡眠不足だと、さらに成長ホルモンが減るので、
さらに太りやすくなる、という事になります。

 

睡眠不足だと消費カロリーが減るので太る原因になる

 

睡眠不足ですと体がだるいですよね。

だるい時は自然と体を動かさなくなりませんか?

「今日はだるいから、この仕事は明日やろう!」
という事ってあると思います。

そうなると、消費カロリーが少なくなりますよね。

だるい時は意識している、いないにかかわらず、
運動量が減ってしまいがちなので、
消費カロリーが減り、太りやすくなるのです。

 

睡眠不足を解消して太りにくくするために

 

「睡眠不足は太る原因だといわれても、
忙しくて睡眠時間をきちんと取れない」
なんていう人もいると思います。

また、
「睡眠時間はたっぷりとっているのに、
なんだか眠れない」
なんていう人もいると思います。

そういう場合は、睡眠の質を高めるようにしましょう。

「寝る前にホットミルクを飲むと睡眠の質が高くなる」
という事がよく言われています。

しかし、ホットミルクよりも豆乳や豆腐、納豆のほうが、
睡眠の質を高める成分が多く含まれています。

 

また、寝る前にアルコールを飲むと睡眠が浅くなります。

ですから、寝酒はやめたほうがいいですね。

 

その他、睡眠の質を高める方法はたくさん紹介されていますよね。

いろいろ参考にして、睡眠の質を高めるようにすれば、
少々睡眠時間が短くても太りやすさを少しでも解消できるでしょう。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*