食事制限 痩せない 原因 ダイエット法


食事制限 痩せない 原因 ダイエット法 について

 

「食事制限をしているのに、全然痩せない!」
と、悩んでいないでしょうか?

大幅に食事制限をしているつもりなのに、
体重が全然減らない、と悩んでいる人は多いですよね。

消費カロリーよりも摂取カロリーを減らせば痩せることができるはず、
なのに、全然痩せることができないと、悩んでしまいますよね。

a0001_017414

では、なぜ食べる量を減らしているのに痩せることができないのでしょうか?

 

食事制限をしているのに痩せない理由とは?

 

食事制限をしているのに痩せることができない理由を5つ紹介します。

 

 実は摂取カロリーが減っていない

食べる量を減らしたけど、カロリーが減っていない
という可能性があります。

例えば、夕食でご飯を今までの半分にした場合、
おかずのカロリーが増えたら痩せないですよね。

本当に食事のカロリーを減らすことができているのか、
食事内容を見直す必要があります。

1日の食事内容を細かく書き出して、
本当にカロリーを減らすことができているのか
調べてみるといいでしょう。

 

 便秘になった・悪化した

食事制限をすると便秘になったり悪化したりすることがあります

原因はいろいろ考えられますが、
腸内環境を良くするのに必要な栄養が不足しているか、
ストレスかのどちらかであることが多いです。

便秘だと痩せにくくなります。

食事制限で便秘になったら、すぐに便秘を解消する必要があります。

 

便秘に関しては以前説明しました。

そちらを参考にしていただければと思います。

関連記事:便秘を解消してダイエット!

 

 ストレス

食事制限をしてストレスを感じると、痩せにくくなります

ストレスは便秘の原因になること以外にも、
血液の流れが悪くなったり、睡眠の質が悪くなったり、
さまざまな影響が出ます。

この場合、ストレスを解消するしか方法はありません。

ストレスを感じる食事制限はすぐにやめるべきです。

 

 体の冷え

食事制限で体を温める食べ物を減らす、
あるいは冷やす食べ物を増やすと体が冷えてしまいます

カロリーを下げるために野菜の食べる量を増やした場合、
体が冷える可能性が高いです。

野菜は体を冷やすものが多いです。

体を温める食べ物を増やし、冷やす食べ物を減らしましょう。

 

 基礎代謝の低下

過去に短期間で大幅に体重を減らしたことがある場合、
あるいは、極端に摂取カロリーを減らしてしまった場合、
基礎代謝が落ちている可能性があります。

 

基礎代謝とは、寝ててもぼーっとしていても、
勝手に消費されるエネルギーのことです。

呼吸をするのにもエネルギーを消費しますが、
寝ててもぼーっとしていても呼吸していますよね。

こういった意志に関係なく勝手に消費されるエネルギーのことを
基礎代謝といいます。

 

それで、大幅に食べる量を減らすと、人間の体は
「食糧危機ではないか?」
と勘違いをしてしまいます。

それで、食糧危機でもせめて命だけは落とさないようにするために
消費カロリーを減らします。

それで、基礎代謝を下げてしまうんです。

 

1ヶ月に体重の5%以上減量したことがあるのであれば、
基礎代謝が下がって、痩せにくい体になっている可能性が高いです。

 

食事制限をしても痩せない場合のダイエット法

 

食事制限をしても痩せない場合の対処法は
一つを除いて説明しましたので、そちらを参照してください。

 

さて、一つだけ説明していないものがあります。

それは、基礎代謝の低下です。

これはちょっと簡単には説明できないのでこちらで説明します。

 

食べる量が大幅に減ると、
消費カロリーを減らすために基礎代謝を下げる、
というのは先ほど説明しましたね。

それで、基礎代謝を下げるために、体は筋肉を減らします。

筋肉は付いているだけでエネルギーを消費してしまいます。

しかし、筋肉は減らしても命にはかかわらないですよね。

ですから、筋肉を減らして基礎代謝を下げてしまうのです。

 

という事は、痩せない状態を解消するには、
減った筋肉を取り戻す必要がありますよね。

という事で、筋トレを頑張りましょう!

 

……って、筋トレをすると言ってもかなりツラいですよね。

しかも、筋トレをしてもなかなか筋肉はつかないです。

また、筋肉ムキムキの体になりたくない、という事で
筋トレをしたくない、という人もいますよね。

 

しかし、簡単に筋肉を付けることができて、
しかも見た目筋肉が付いたことがわからないところがあります。

それは、インナーマッスルです。

 

インナーマッスルとは体の内側の筋肉のことです。

主に骨を支えている筋肉になります。

それに対して、普通の筋トレで鍛えることのできる
体の表面近くにある筋肉をアウターマッスルといいます。

 

インナーマッスルはストレッチなどをしない限り鍛えられないので、
普段の生活ではなかなか鍛えることができません。

逆にアウターマッスルは日常生活でも
ある程度は鍛えられます。

ちょっと重たいものを持ったりすれば、
腕や胸のアウターマッスルを鍛えることができます。

 

普段鍛えているところよりも鍛えていないところのほうが
筋肉を付けるのが簡単です。

 

ですから、基礎代謝を高くして痩せやすい体になるには、
インナーマッスルを鍛えるのが一番です。

 

インナーマッスルに関しては以前説明しました。

そちらを参考にしていただければと思います。

参考記事:インナーマッスルのダイエット効果と鍛え方

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*