ダイエット脂肪肝 原因 対策


ダイエット脂肪肝 原因 対策 について

liver-148108_640

最近、ダイエットが原因で脂肪肝になる人が増えている、
という事です。

脂肪肝は自覚症状がほとんどないため、なかなか気付かないです。

それで放置しておくと肝硬変や肝臓がんになることがあります。

肝硬変や肝臓がんになると、
日常生活に支障が出てしまいます。

ですから、脂肪肝にならないようにしたいですよね。

では、なぜダイエットで脂肪肝になるのでしょうか?

そして、脂肪肝にならないためには
どのようなダイエットをすればよいのでしょうか?

 

脂肪肝とは?

 

脂肪肝の原因と対策の前に、
まずは脂肪肝とはどういったものかを説明します。

脂肪肝とは、
肝臓に必要以上に脂肪がためられた状態のことです。

脂質を食べると、腸から消化吸収されて
血液によって肝臓に送られます。

そして、肝臓で脂肪細胞が取り込めるように加工されます。

肝臓で加工された脂肪は血液によって脂肪細胞に運ばれます。

しかし、脂肪を食べ過ぎたり、
あるいは血液の異常によって脂肪細胞に運ぶことができなくなると、
肝臓に脂肪が必要以上にためこまれてしまうのです。

この状態が脂肪肝です。

 

今までは脂肪肝の主な原因は
食べ過ぎやアルコールの飲みすぎなどされてきました。

ところが最近は、ダイエットが原因の脂肪肝が
増えてきている、と言われています。

 

ダイエット脂肪肝の原因とは?

 

ではなぜダイエットが原因で脂肪肝になるのでしょうか?

このことについては3つのことが言われています。

 

 たんぱく質・糖質の不足

まず、ダイエットによってたんぱく質を食べる量が減ると、
肝臓から脂肪細胞に脂肪を送れなくなることので
ダイエット脂肪肝になる、という事です。

肝臓から脂肪細胞に脂肪を運ぶにはたんぱく質が必要です。

しかし、たんぱく質の食べる量が減ると、
血管中のたんぱく質の量が不足します。

そうなると脂肪を運べなくなってしまうのです。

 

たんぱく質の食べる量だけではなく、
糖質(炭水化物)の食べる量が減っても
血液中のたんぱく質が不足する、と言われています。

糖質が不足すると、
その不足を補うためにたんぱく質を糖質に変えます。

そうなるとたんぱく質が減っていき不足するようになります。

それで肝臓から脂肪を運び出すことができなくなります。

ですから、糖質の食べる量を減らすことも
ダイエット脂肪肝の原因になる、という事になります。

 

 急激な体脂肪の減少

ダイエット脂肪肝の原因の2つ目は、
体内の脂肪が減っていくと
肝臓が必要以上に脂肪をため込もうとするため、
脂肪肝になる、という事です。

肝臓には常にある程度は脂肪がためられています。

しかし、ダイエットをして体脂肪が急激に減ると、
肝臓が危機を感じて脂肪をため込もうとします。

それで、必要以上に肝臓に脂肪がためられてしまうので、
ダイエット脂肪肝になる、という事です。

 

 体脂肪を燃やす栄養素の不足

ダイエット脂肪肝の原因の3つ目は、
脂肪を燃焼するのに必要な栄養素が不足すると、
脂肪肝になる、という事です。

脂肪を燃やすにはビタミン、ミネラルなどが必要です。

しかし、ダイエットによってビタミン、ミネラルが不足すると、
体脂肪が燃えなくなります。

また、糖質が不足しても脂肪は燃えにくくなります。

そうなると、脂肪細胞が新たに脂肪を受け付けなくなります。

そうなったら、肝臓で加工された脂肪を送る場所がなくなるので、
肝臓に脂肪がためられてしまいます。

それで、ダイエット脂肪肝になる、という事です。

 

脂肪肝になりやすいダイエット法・なりにくいダイエット法

 

以上のことからダイエット脂肪肝の原因は
簡単に言うと、栄養不足と急激な体重減少という事になりますね。

 

という事は、栄養が偏るダイエット法は脂肪肝になりやすい
という事が言えます。

単品ダイエット(1つの食品をたくさん食べる方法、バナナダイエットなど)、
お肉を一切食べないダイエット法、糖質制限ダイエットなどが
栄養が偏るダイエットの例になります。

 

糖質制限ダイエットは、
糖質の不足分をたんぱく質や脂質で補えば問題ない、
という意見があります。

その一方で、極端に糖質を抜くと肝臓が脂肪をためこもうとする、
つまり、不足した糖質をたんぱく質や脂質で補っても脂肪をため込もうとする、
という意見もあります。

おそらくこれは2つともモニター試験などで
実証されてないと思います。

つまり、ハッキリとはわからない、という事ですね。

ですから念のため糖質制限ダイエットはダイエット脂肪肝になりやすい、
と思っておいたほうが無難でしょう。

 

また、ベジタリアンは
たんぱく質を豆類で補えば問題ない、とされています。

しかし、本当に豆類で必要なたんぱく質を補うことができるか
疑問が残ります。

 

という事は、脂肪肝になりにくいダイエット法は、
栄養バランスの取れた食事を適量(腹八分目)食べながら痩せる方法
という事になりますね。

理想的なダイエット法は、
栄養バランスのとれた食事を適量食べ、適度な運動をすることだ、
とよく言われています。

脂肪肝を防ぐには、結局は理想的なダイエットをするしかない、
という事になると思います。

 

でも、栄養バランスのとれた食事を適量食べ、
適度な運動をするのって、
なかなか難しいですよね。

しかし、豊富な栄養を摂りながらもカロリーを減らすことができる
ダイエット法があります。

それは「酵素ダイエット」です。

 

酵素ダイエットは、食事を酵素ドリンクに置き換えることで
大幅にカロリーを減らすダイエット法です。

酵素ドリンクは栄養がとっても豊富なので、
とっても健康的に痩せることができるんですよ。

 

私も、酵素ダイエットで痩せることができました。

もちろん、体調を崩すことなく痩せることができましたよ。

ダイエットに成功した後に健康診断を受けましたが、
肝臓をはじめ、特に異常は指摘されませんでした。

 

豊富な栄養を摂りながら痩せることができる酵素ダイエットは、
本当におススメです。

私のダイエット体験談を参考にしていただければと思います。

参考記事:私が3ヶ月半で16.7kg痩せたダイエット法(酵素ダイエット体験談)

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*