糖質制限 寝たきり 危険


糖質制限 寝たきり 危険 について

nurse_cap

先日販売された「週間現代」で
「糖質制限ダイエットで寝たきりが続出中!」
という記事がありました。

糖質制限ダイエットは、
糖質さえ食べなければあとはどれだけ食べてよい、
という事で話題になっているダイエット法ですね。

しかし、糖質制限ダイエットが話題になるのにともなって、
「糖質制限ダイエットは危険だ!」
という声も多くなっていると思います。

そして、最近では
糖質制限推進派vs糖質制限反対派
という感じで言い争っていますね。

では、糖質制限は本当に危険なのか検証します。

 

糖質制限ダイエットで寝たきりに!? by週刊ポスト

 

まずは、糖質制限ダイエットで寝たきりが続出中、
という週刊ポストの記事の内容を非常に簡潔に説明します。

糖質を制限すると、
不足した糖質の代わりに筋肉を減らして使うので筋肉が減る、
また、骨も減らして糖質の代わりに使うので骨粗鬆症になりやすい、
そして、糖質の代わりに大量に脂質を摂取すれば血管の病気になりやすい、
というのが週刊ポストに書かれていたことです。

つまり、筋力低下や骨粗鬆症になりやすいので
寝たきりになりやすい、という事です。

また、糖質制限ダイエットは、
はっきりした科学的根拠やガイドラインがない
という事も書いてあります。

 

糖質制限推進派の反論

 

週刊ポストの「糖質制限ダイエットで寝たきり続出」という記事に対して、
糖質制限推進派は当然のように反論しましたね。

まず、糖質制限をして筋肉が減る、骨が減るという
データがない、という事です。

つまり、机上の空論と言いたいのでしょう。

 

そして、海外では糖質制限が国家レベルで推進しているところもあり、
健康的だと国家レベルで認めているところがある、という事も主張しています。

 

さらに、糖質制限を10年以上続けてるけど健康的だ、
という人がたくさんいる、という事です。

 

結局、糖質制限は危険なの?

 

じゃあ、糖質制限は危険なの?健康的なの?
結局はどちらなんでしょうか?

 

まず、糖質制限が海外で国家レベルで認められている、
というのは、日本人にとって健康であるという根拠にはならないです。

 

日本人と外国人は体質が違います。

例えば、医薬品を見てもわかると思いますが、
海外では国から認められ問題が起こっていないのに
日本人が飲んだら副作用がひどくて危険だという薬は
少なくありません。

 

そして、国が健康だと認めたものでも、
実は間違っていたという事だって少なくはありません。

特に医薬品で問題が起こっていますよね。

例えば、国が推奨しようとした子宮頸がんの予防接種で、
重い副作用が相次ぎましたよね。

 

ですから、外国で糖質制限が国家レベルで認められているからといって
日本人にとって健康的だという根拠になりません。

 

また、最近「糖質制限が日本人にも有効だ」という
論文が発表されたそうです。

これは糖尿病患者を対象に食事療法を比較研究したものです。

健康な人を対象とした研究ではありませんので、
これも糖質制限ダイエットが健康的に痩せることができる、
という根拠にはならないですね。

病気の方の食事と健康な人の食事は違う事が多々あります。

例えば風邪を引いたときはたんぱく質を控えたほうがいい、
と言われています。

しかし、健康な人がたんぱく質を控えるのは良くないですよね。

 

つまり、糖質制限は健康な人を対象にした比較研究がされていないので、
糖質制限ダイエットが健康的だという根拠にはなりません。

 

また、糖質制限を10年以上続けているけど、
健康的な人がたくさんいる、というのも根拠になりません。

健康的な人はいるけど、
逆に不健康になった人がどれだけいるのかが
はっきりしていないですよね。

糖質制限をしてあまりにもつらくて挫折した人が、
もしそのまま意地でも我慢して続けていたら、
本当に健康的にいられたのか、疑問が残ります。

 

 

また、糖質制限をして筋力不足や骨粗鬆症になった人がたくさんいる、
というのも糖質制限が危険だ、という根拠にはなりません。

筋力が低下したり骨粗鬆症になった人が、
もし糖質制限をしなかったら
本当に筋力低下や骨粗鬆症を免れることができたのか、
疑問が残ります。

つまり、本当に糖質制限が原因で筋力低下や骨粗鬆症になったのか
はっきりしない、という事です。

 

という事は、糖質制限が危険だという根拠もなければ、
健康的だという根拠もない、という事になります。

つまり、糖質制限が本当に危険なのかわからない、
そして本当に健康的なのかもわからない
という事になりますね。

 

であればどちらが本当なのかわからないなら、
糖質制限はやめておいたほうがいいのではないか、
と私は思います。

栄養バランスの取れた食事をするのが健康的だ、
という事はハッキリしているわけですよね。

ですから、糖質も摂りすぎず減らしすぎず、
適量を摂取するのが無難ではないか、と思います。

 

適度な運動とバランスのとれた食事を適量(腹八分目)食べるのが
理想的なダイエット法だと言われています。

そうするのがおそらく一番健康的に痩せることができるんだと思います。

 

といっても、そういった生活ができていれば、
ダイエットで悩むことなんてありませんよね。

であれば、理想に少しでも近いダイエット法が
健康的に痩せることができる方法になると思います。

 

ちなみに私は「酵素ダイエット」で痩せることができました。

「酵素ダイエット」は、
1日3食のうち1食を酵素ドリンクに置き換えたり、
1日中酵素ドリンク以外は口にしない断食をすることで、
痩せる方法です。

酵素ドリンクは数多くの野草や野菜を発酵して作られています。

ですから、栄養が豊富なので非常に健康的です。

 

「酵素ダイエット」は、豊富な栄養を摂取しながらも、
カロリーを大幅に減らすことができるので、
理想的なダイエットに一番近い方法だと思います。

 

実際に私は3ヶ月半で16.7kg痩せることができましたが、
体調を崩すことなく健康的に痩せることができましたよ。

ちなみに私を含め多くの人が健康的に痩せることができたからといって、
全員が健康的に痩せることができるという根拠にはなりませんが…

参考記事:
私が3ヶ月半で16.7kg痩せたダイエット法とは?(酵素ダイエット体験談)

 

※ここでいう糖質制限とは、糖質の摂取を限りなくゼロにすることです。
糖質の摂取量を1日の必要摂取量まで減らす食事法は考慮していないことをご了承ください。

 

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*