甘いもの食べるダイエット マリー・アントワネット式食事法


甘いもの食べるダイエット マリー・アントワネット式食事法 について

a0002_010723

「ダイエット中なのに甘いものをやめられない!」
と悩んでいませんか?

そういった悩みを持っている人ってかなり多いですよね。

 

そんなあなたに朗報です!

なんと、甘いものを食べるのをやめなくても
痩せることのできる方法があるんです(ノ´▽`)ノ

それは「マリー・アントワネット式食事法」です!

 

マリー・アントワネットは、
18世紀のフランスの王妃だった女性ですね。

彼女は4人の子供を出産したにもかかわらず、
なんと、ウエストが58cmだった、と言われています。

そのまりー・アントワネットの食生活を研究して考案されたのが
「マリー・アントワネット式食事法」になります。

 

この食事法を10週間続けたら、
なんと9.5kgも痩せることができた女性がいて
話題になっているそうです。

 

では、どのような食事法なのでしょうか?

そして、なぜダイエット効果が期待できるのでしょうか?

 

マリー・アントワネット式食事法の内容

 

マリー・アントワネットが生きていた18世紀のフランスの宮廷では、
朝食でケーキを食べ、昼は肉や魚等を食べ、夜は軽くスープを食べる、
という食生活が送られていたそうです。

この食事を現代に応用したのが「マリー・アントワネット式食事法」です。

 

 朝食は甘いものを食べても良い

人間の体は午前中が一番代謝が高いです。

ですから、食べたものはすぐに消費されてしまい
体内に蓄積されにくいです。

また、夜まで時間があるので、
食べたものが消費されやすいです。

ですから、朝にケーキなど甘いものを食べても太りにくいです。

 

 昼食はGI値の低い食材を

昼食でしっかり食べておくと夕方におなかが空きにくくなります。

そうすれば、夕方で食べ過ぎるのを防ぐことができます。

その際、血液中の糖分の濃度の上昇が緩やかな
低GI値の低い食材を食べると、よりお腹が減りにくくなります。

低GI値の食材は、玄米、そば、さつまいもなどです。

 

 夕食は控えめに

夕方は代謝が低くなっていくので控えめにします。

栄養価が高くカロリーが低いスープがおススメです。

 

(参考記事:【甘党に朗報】ケーキを食べながらダイエットできるぞ!! 海外で大注目のマリー・アントワネット式食事法「ロケットニュース24」より)

 

マリー・アントワネット式食事法で痩せる理由とは?

 

人間の体は朝起きてから代謝が上がり始めます。

そして、お昼を過ぎると代謝が下がっていきます。

そして、夜寝ている時が一番代謝が低くなります。

 

つまり、代謝が高い朝や昼に食べたものは、
すぐに消費されてしまい、体内に蓄積されにくいです。

ですから、朝食でケーキなど甘いものを食べても
太りにくくなります。

 

逆に夕方は代謝が下がっている時なので、
食べたものは消費されにくく体内に蓄積されやすいです。

ですから、夕食は控えめにすれば太りにくくなるのです。

昼食をしっかり食べ、低GI値の食品を食べれば、
夕食で空腹感を感じなくなるので、
無理なく食べる量を減らすことができる、という事になります。

 

マリー・アントワネット式食事法のダイエット効果を高くするには?

 

マリー・アントワネット式食事法は、
人間の一日の代謝の変化に合わせて食事をすることで、
痩せやすくなる、というものですね。

それで、代謝をより高くすればよりダイエット効果が高くなります

 

朝日を浴びたり体を動かしたりするなど、
体を眠りから覚ますようにするとより代謝が高くなります。

そして、夜寝る前はリラックスするなどして
睡眠の質を高くするようにすると、
朝、目覚めが良くなりより代謝が高くなります。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*