まぁこ ダイエット方法 運動


まぁこ ダイエット方法 運動について

 

女芸人のまぁこがダイエットを行い、1年間で
体重 96.6kg⇒48.6kg 46.6kg減
ウエスト 117cm⇒62cm 55cm減
と、驚きの結果を残しています。

さて、前回は食事内容をみてきましたが、
今回はどのような運動をしたのか見ていきます。

 

まぁこのダイエット方法 運動 初めの3ヶ月

 

初めの3ヶ月間は、有酸素運動と食事によって体重を減らし、
その後でウエイトトレーニングによって脂肪を減らします。

急激に痩せることが前提なので、
痩せた後もリバウンド防止のため有酸素運動を続ける必要があります。

まぁこのダイエット中の運動内容(例)
【腹筋&有酸素運動】
腹筋をしながら同時に有酸素運動ができる
①仰向けに寝そべりヒザを立てる(肩幅より少し広げた感じ)
②両手を銃を撃つように合わせ、パンパンと大きく発声しながら腹筋を10回行う
③両手のスタイルはそのまま裏返しになり、ヒジを地面につける
④お尻突き出し(高く上げ)、脚を交互に10秒間動かす

[お腹引き締めエクササイズ①]※2分間行う
腹直筋が鍛えられる
①タオルを頭の後ろから両ヒジを曲げて持つ(ちょうど耳が隠れる感じ)
②頭と片ヒザを交互にくっつけるようなイメージで2分間前後に動かし、リズムよく後ろに下がる

[お腹引き締めエクササイズ②]※2分間行う
外腹斜筋を鍛える運動
①あぐらを書いた状態で足の裏を合わせ、両手で足を持つ
②そのまま身体をぐるぐるあちこちに回転させる。だるまが転んだ感じ
③起き上がろうとする時に、わき腹に力が入ることを意識(利用)する

[お腹引き締めエクササイズ③]※2分間行う
「わき腹」「背中」「腕」「太もも」「お尻」が一度に鍛えられる
①両手両足を開いて四つん這いになる。
②片脚1回ずつ脇のあたりに曲げる
③片腕ずつヒジから持ち上げ天井の方を向くように反らす

[お腹引締めエクササイズ①~③]の3つの運動を朝夜2分ずつ計1日12分行う。

 

まぁこのダイエット方法 運動 中間の2ヶ月

 

次の2ヶ月間のポイントは“脳をだまして効率を高くする”

つまり、脳に実際以上に負荷がかかっていると勘違いさせることで、
トレーニングの効率を高くすることができます。

まぁこのダイエット中の運動内容(例)
[脳をだます!モデルエクササイズ①:体幹を鍛える]
体幹とは、お腹・背中・腰など胴体の中心部であらゆる動作の基礎となる。
体幹が弱いと姿勢が悪くなりお腹まわりにぜい肉がたまりやすくなる。
体幹を鍛えれば、姿勢も良くなりダイエットにも繋がる。

1、両肘を床につけうつ伏せの状態になる。
2、全身でアーチを作る体勢で1分間静止する。
3、1回1分を5セット毎日行う。

<脳をだます重要ポイント>
・このとき脳の中でイメージするのは、高い崖でも落ちないよう踏ん張っているイメージで行う。
実際の負荷より体幹が刺激され、お腹周りが引き締まる。

[脳をだます!モデルエクササイズ②:スクワット]
女性の内ももと後ろのももが、セルライトと語る見やすい部分。
スクワットが効果的。

1、肩幅より少し広めにスタンスをとり両手を頭の上で組む。
2、この状態で息を吸いながら腰を下ろし息を吐きながら上げる。
3、毎日10回を1日5セット行う。

<脳をだます重要ポイント>
・脳の中では、落ちてくる天井を押し返すようなイメージで行う。
実際の負荷より脚が刺激され、より効果的なスクワットになる。

[脳をだます!モデルエクササイズ③:腕立て伏せ]
上半身を引き締めるトレーニング。
女性は膝をついた状態で腕立て伏せを行う。

<脳をだます重要ポイント>
・背中に相撲取りを乗せたイメージで行なう。

★まぁこさん毎日のトレーニングのメニュー
・体幹    1分×5セット
・スクワット 10回×5セット
・腕立て伏せ 10回×5セット

2か月間3つの脳をだますモデルエクササイズと1日2時間の有酸素運動
ウォーキングを1日2時間毎日行った。

 

まぁこのダイエット方法 運動 最後の3ヶ月

 

ここでの運動のポイントは、
筋肉をつけて脂肪を燃焼させやすくすることです。

まぁこのダイエット中の運動内容(例)
・スクワットは10kgのウェイトで15回
<ポイント>
筋肉を細く締めるためのポイントは、インターバルを取らずに続けて3セット行う。
このようなトレーニング方法で、1回1時間の取り組みを実践する。
最後は40分間の有酸素運動を行う。
・胸などボリュームを付けたい部分は重いウェイトで回数を少なくし、太い筋肉を鍛えバストアップを促す。
・腕など細くしたい部分は、軽いウェイトで回数を多くする。

筋肉には
瞬発力を出す太い筋肉と、持久力を出す細い筋肉の
2種類あります。

太ももや腕など細くしたいところは、持久力を出す筋肉をつけるため、
軽いウェイトで回数を多くすればいいという事になります。

 

ダイエットでの運動のポイント

 

まず、運動は大雑把にわけると、
有酸素運動と無酸素運動の2種類あります。

有酸素運動はジョギングやウォーキングなど
酸素をたくさん消費する運動です。

それに対して無酸素運動は、
筋トレや短距離走など有酸素運動以外の運動です。

 

そして、有酸素運動は脂肪を燃やし、
無酸素運動は脂肪が燃えやすい体をつくる
と言われています。

 

無酸素運動は筋肉をつけるために行う運動ですが、
筋肉をつけることによって太りにくい体になることができます。

筋肉がついているだけでエネルギー消費量が増えるのです。

筋肉を維持するのにエネルギーが必要になりますし、
全く同じ動作をしても筋肉量が多い人のほうが
エネルギー消費量が多くなります。

筋肉をつけると痩せやすい体になる、と言われているのは、
こういう事からなんです。

 

さて、まぁこの運動内容をみると、
有酸素運動と無酸素運動がバランスよく行われているのが
わかりますよね。

有酸素運動だけ行うと体重は減っていくのですが、
痩せやすい体にはなりません。

つまり、太りやすい体のまま体重を減らしているので、
有酸素運動をやめたらリバウンドしやすくなります。

 

逆に無酸素運動だけだと、
体重の落ちるスピードがものすごく遅くなります。

「筋トレだけで1ヶ月で1kgずつ痩せる方法」
という記事を雑誌で読んだことがありますが、
効率よく筋肉をつけてもそれくらいしか痩せない、と
考えていいと思います。

 

ですから、ダイエット目的の運動は、
有酸素運動を無酸素運動をバランスよく行う事が
とっても大切になります。

 

ちなみに女性の方の中で、
「筋肉質になりたくないから筋トレはちょっと…」
と思っている方は少なくないのではないかと思います。

でも安心してください。

筋肉をつけるには男性ホルモンが必要ですが、
女性は男性ホルモンの分泌量が少ないので、
ボディビルダーのような特殊なトレーニングをしない限り、
筋肉質というほどの筋肉はつかない、と考えて大丈夫です。

 

おわりに

 

トレーニング内容を見て
「なんだかつらそうだなぁ?」
なんて思いませんでしたか?

このサイトのテーマは“簡単ダイエット”ですが、
とても簡単といえる方法はほとんどなかったと思います。

しかし、なにか参考になることはあるのではないか、
と思い、取り上げてみました。

 

女芸人まぁこの48.4kgやせ大変身ダイエット! (ヒットムックダイエットカロリーシリーズ)

新品価格
¥1,050から
(2013/8/31 11:24時点)

-48?やせた女芸人まぁこのダイエットあるある

新品価格
¥1,000から
(2013/8/31 11:24時点)

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*