ダイエット臭予防!嫌なにおいを気にせず痩せるには?


ダイエット臭 予防 について

taisyu_woman

ダイエットをしていたら体臭がきつくなった!
なんていう経験はありませんか?

アンモニアのようなにおいがしたり、
甘酸っぱいにおいがしたり、
ダイエット中にダイエット臭で悩む人は少なくありません。

そこで、ここではダイエット臭を予防して
痩せるポイントを紹介していきます。

 

ダイエット臭の種類

 

ダイエット臭を予防するには、
まずダイエット臭の種類を知る必要があります。

ダイエット臭には大きく分けて2つになります。

唾液が減ったことが原因の口臭
胃が空っぽの状態が長時間続くと唾液が減ります。
そうなると口臭がひどくなります。

脂肪をエネルギーとして使う時に発生する体臭
体脂肪を減らすには脂肪を燃やしてエネルギーに変える必要があります。
その際に乳酸やケトン体ができることがあります。
乳酸が増えるとアンモニアが増えますので体臭がひどくなります。
またケトン体は甘酸っぱいにおいがします。

 

ダイエット臭を予防するには?

 ダイエット中の口臭を予防するには

ダイエットで食べる量を減らすと
胃が空っぽになりやすくなります。

そうなると口の中の唾液が減ります。

それで、口の中の細菌が増えますので
口臭がひどくなります。

この場合の唾液が出なくなるのを防ぐには、
胃が空っぽになるのを防ぐのが一番です

朝、昼、夕の3食食べれば、
唾液が出なくなることはないでしょう。

 

 ダイエット中の体臭を減らすには

理想的なダイエット法は、
体脂肪を減らすことですよね。

体脂肪を減らすには
体脂肪を燃やしてエネルギーに変える必要があります。

しかし、体脂肪の燃え方が悪いと、
乳酸やケトン体といった物質ができてしまいます。

 

乳酸ができるとアンモニアもできてしまいます。

アンモニアは汗と一緒に外に出てきます。

ですから、ダイエット中に
アンモニアの臭いがすることがあるのです。

 

また、ケトン体は甘酸っぱいにおいがします。

ケトン体ができると汗と一緒に外に出てきます。

それでダイエット中に
甘酸っぱいにおいがすることがあるのです。

 

ダイエットで食べる量を減らすと、
体が消費エネルギーを減らそうとします。

その一つとして
熱を作り出すことをやめてしまうのです。

熱を作り出すのにもエネルギーが消費されます。

それで、体が冷えた状態で脂肪を燃やそうとすると、
不完全燃焼が起こり、
においの元となる物質を作り出してしまうのです。

 

という事は、ダイエット臭を防ぐには
熱を作り出すのをやめさせなければいいわけですよね。

そのためには、体が消費エネルギーを減らそうと
しなければいいわけです。

 

そのためには、急激に体重を減らさない様にすればいいです。

 

人間の体は食糧不足には非常に敏感にできています。

それで、摂取するエネルギー量が減ると、
食糧不足だと体は認識してしまいます。

そして、食糧不足になっても生きていけるように
消費エネルギーを少なくしようとします。

しかし、そんなに極端なエネルギー不足にならなければ、
体は食糧不足だという認識はしません。

エネルギー不足だと認識するかしないかの境目は、
1ヶ月で減る体重が今の体重の5%だと言われています。

つまり、1ヶ月で減る体重が
5%以下だと体は食糧不足だと認識せず、
5%以上だと食糧不足だと認識する、
という事です。

 

という事は、1ヶ月で減らす体重を今の体重の5%以下にすれば、
ダイエット臭を予防することができる、という事になります。

 

あと、ケトン体は筋肉を動かせば消費されるので
筋肉を動かすとケトン体によるダイエット臭を防ぐことができます。

筋トレをすると乳酸が作られるのでアンモニア臭がする時があります。

しかし、筋トレをした直後にアンモニア臭がするだけです。

筋トレ後にシャワーを浴びればアンモニア臭は消えますよ。

 

また、ショウガなど体を温めるものを摂れば、
脂肪の不完全燃焼を予防することができます。

そうすればダイエット臭の原因となる物質が作られなくなります。

それでダイエット臭の予防をすることができますね。

 

そして、有酸素運動も脂肪の不完全燃焼を防ぐので、
ダイエット臭の予防になります。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*