キャンドルブッシュ 危険性 副作用


キャンドルブッシュ 危険性 副作用 について

caution-152926_640

国民生活センターは2014年1月23日、
ダイエットや便秘解消に効果的だとされている
キャンドルブッシュという植物が使われている健康茶に対して
注意を呼びかけました。

キャンドルブッシュを含む健康茶-下剤成分(センノシド)を含むため過剰摂取に注意-(国民生活センター ホームページへ)

キャンドルブッシュには
下剤と同じくらいの作用がある成分が含まれている
として注意を呼びかけています。

そこで、キャンドルブッシュとはどのような植物なのか、
そして、危険性や副作用について説明します。

 

キャンドルブッシュとは?

201401242

上の画像がキャンドルブッシュです。

黄色い花を咲かせるマメ科の植物になります。

インドネシア、マレーシアなど東南アジアで自生しています。

別名は「ゴールデンキャンドル」「ハネセンナ」
学名は「カッシア・アラタ」
です。

タンニンやフラボノイド、食物繊維などが含まれていて、
便秘解消に効果的という事で、
キャンドルブッシュが配合されている健康茶が売られています。

 

キャンドルブッシュの副作用・危険性

 

今回、国民生活センターが呼びかけた内容によると、
キャンドルブッシュに含まれる「センノシド」という成分が
含まれているため注意が必要だという事ですね。

 

センノシドは従来の下剤に比べると副作用が少なく
自然な便秘を促すことができる、と言われています。

それで、センノシド配合の下剤がいくつかありますが、
従来の下剤よりも安全性が高く効果がある、
と謳われているものもあります。

 

ただし、センノシドに副作用や危険性がないわけではありません

今回国民センターからは飲みすぎると下痢になる可能性がある、
と呼びかけていますよね。

それ以外にも、腹痛や吐き気・嘔吐(おうと)、腹鳴、腸閉塞、腸管穿孔、
虚血性大腸炎、低カリウム血症、発疹、めまい、一過性の意識消失
などの副作用が指摘されています。

また、動物実験の段階ですが、肝機能への悪影響が確認されています。

 

妊娠中や授乳中の方、病気の方などは
センノシドを服用する時は医師の相談が必要です。

 

そして、センノシドを摂取し続けると、
大腸メラノーシスになる、と指摘されています。

大腸メラノーシスとは、
大腸に色素が沈着して黒い色に変色することです。

大腸メラノーシスになると腸全体の機能が低下します。

そして、便秘が悪化します。

 

つまり、センノシドを含むキャンドルブッシュを飲むと、

様々な副作用が起こり得るだけではなく、
飲み続けると便秘が悪化する可能性がある
という事になります。

 

 キャンドルブッシュの注意点

 

キャンドルブッシュの健康茶の危険性・副作用を考えると、
とてもおススメできるものではありません。

もし今現在飲んでいるのであればやめたほうがいいでしょう。

 

また、カップ1杯のキャンドルブッシュのお茶に対して、
下剤1回分のセンノシドが含まれる可能性がある、
という事です。

下剤は通常1日1回寝る前に飲むと思います。

また、限度は1日2回までとされています。

ですから、キャンドルブッシュのお茶を飲むのであれば、
1日2杯を限度にしたほうがいいでしょう。

 

また、飲み続けるのは良くありませんので、
出るものが出たら飲むのをやめたほうがいいでしょう。

 

キャンドルブッシュに含まれるセンノシドは
医薬品に指定されていません。

しかし、医薬品と同じだと考えたほうがいいでしょう。

 

便秘を解消するには?

 

便秘を解消するには、まずは便秘について正しく知るべきです。

以前便秘については触れましたので、
詳しくはそちらをご覧ください。

以前の記事:腸内環境を改善してダイエット!

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*