30代 痩せない 理由 ダイエット 効果


30代 痩せない 理由 ダイエット 効果 について

a0001_014923

30歳を超えると、体に脂肪が溜まっていく一方で、
なかなか体脂肪を減らすことができない、なかなか痩せることができない、
と悩む方が多いですよね。

20代の時と食べる量がほとんど変わっていないのに、
なぜか体重が増えていく、
と悩んでいる方もたくさんいますよね。

そこで、30代になると痩せない理由と、
効果の高いダイエット法のポイントを紹介します。

 

30代になると痩せない理由とは?

 

30代になると、生活環境の変化から
太りやすい食事をするようになったり、運動量が減ったり、
睡眠不足になったり、ストレスが溜まりやすくなったりして
太る方は多いと思います。

しかし、生活習慣に大きな変化はなく、
食事の内容や運動量、睡眠時間など大きな変化がないのに
なぜか太ってしまう方も多いですよね。

理由ははっきりしないけど、
なぜか30代から痩せなくなった理由は、
基礎代謝の低下であることが多いです。

基礎代謝とは、寝ててもぼっとしていても
勝手に消費されるエネルギーのことです。

心臓などの体内器官が動くとエネルギーが消費されますが、
体内器官は寝てても何もしていなくても動いていますよね。

こういった何もしていなくても消費されるエネルギーのことを
基礎代謝といいます。

 

基礎代謝が下がる理由はいくつかあります。

では、30代になると基礎代謝が下がる理由をあげます。

 

成長が止まる

人間は生まれてから身長が伸びたり
体のあらゆる所が成長していきますよね。

それで、成長する過程でエネルギーを消費します。

しかし、20歳を超えると成長が止まりますよね。

そうなれば、自然と消費エネルギーが減ってしまいます。

それで、食事の量が10代の時と同じだと、
エネルギーが余ってしまいます。

余ったものは体脂肪として体内にためられます。

それで、体脂肪が増えて太りやすく痩せにくくなるのです。

 

筋肉量の低下

筋肉は使わないと衰えていきます。

それで、年齢を重ねるごとに
筋肉が使われなくなる傾向がありますので
筋肉は衰えてしまいがちです。

 

ちなみに筋肉がついていると、
基礎代謝が高くなります。

筋肉を維持するだけでもエネルギーが必要です。

また筋肉があると血流が良くなるので代謝が高くなります。

また、同じ動作でも筋肉が多いほうが消費エネルギーが増えます。

 

それで、年齢を重ねるごとに筋肉が衰えれば、
基礎代謝が下がりますので、なかなか痩せなくなるのです。

 

体がゆがむ

姿勢が悪い状態が続くと体がゆがみます。

また、座りっぱなしなど同じ姿勢が続くと、
体がゆがみやすくなります。

姿勢が悪い状態が20年続くのと30年続くのとでは、
30年続いたほうが体のゆがみが大きくなります。

また、筋肉の衰えも体がゆがむ理由になります。

 

体がゆがむと血管が圧迫されるので、
血液の流れが悪くなり基礎代謝が落ちます。

ですから、痩せなくなるのです。

 

体内器官の衰え

30歳を超えると、体内のあらゆる器官が衰えていきます。

体内器官が衰えると使うエネルギー量が減ります。

つまり、消費カロリーが減るので痩せなくなってしまうのです。

 

毒素の蓄積

食品には添加物がたくさん使われていますよね。

また、野菜などには農薬などがたくさん付着しています。

添加物や農薬は人間にとって毒になります。

小さなことからそういったものを摂取し続けていたら、
体内に毒素が溜まってしまいます。

体内に毒素が溜まると体内器官が正常に働かなくなるので、
基礎代謝が落ちてしまうのです。

 

褐色脂肪細胞の減少

褐色脂肪細胞は、熱を作り出す働きをする細胞です。

熱を作り出すときには脂質や糖質などを燃やします。

しかし、褐色脂肪細胞は生まれたときが一番多く、
年齢を重ねるごとに減ってしまいます。

ですから、自然と体内の脂肪や糖分などが燃えにくくなるので、
基礎代謝が落ちてしまい、痩せなくなるのです。

 

 胃腸の衰え

年とともに胃や腸が衰えると
食べ物をきちんと消化吸収しなくなります。

そうなると、体を維持するのに必要な栄養を
吸収することができなくなります。

そうなると体内器官が正常に働かなくなりますので、
基礎代謝が下がってしまいます。

そうなると痩せなくなりますね。

 

心肺機能の低下

年とともに心肺機能が低下すると、
体内に酸素を取り込む量が減ります。

脂質や糖質をエネルギーに変えるには酸素が必要です。

しかし、酸素を取り込む量が減ると、
脂質や糖質がエネルギーに変わりにくくなります。

そうなると基礎代謝が下がりますので、
痩せなくなってしまうのです。

 

30代のダイエット効果を高くする方法とは?

 

30代になると痩せない原因を見るとわかると思いますが、
多くは“老化”が原因ですよね。

老化が進む理由は“活性酸素”です。

体の細胞と活性酸素が結びつくと
細胞が老化してしまいます。

ただし、活性酸素は人間が生きていれば
必ずできてしまうのです。

それで、体内の活性酸素を取り除けば
老化を遅らせることができるので痩せやすくなります。

活性酸素を取り除くには、
抗酸化作用のある栄養素を摂取すればいいわけです。

抗酸化作用のある栄養素は、
ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチン、ポリフェノール、フラボノイド
などになります。

これらは野菜類や果物類に多く含まれています。

ですから、普段から野菜や果物をたくさん食べるように
心がけると良いでしょう。

 

また、姿勢が悪いのであれば姿勢をよくする、
長時間同じ姿勢のままであればできるだけ動くようにすると、
体のゆがみを矯正できて痩せやすくなります。

私は以前、脚を組む癖がありましたが、
脚を組んでいると体がゆがみます。

それで脚を組むのをやめたのですが、
それだけで3kgくらい体重を減らすことができましたよ。

また、座りっぱなしが長時間続く場合は
時々立ち上がってちょっとだけでも歩くといいでしょう。

 

あと、筋肉の衰えを防ぐために運動をしたほうがいいでしょう。

ウォーキングをするだけでも筋肉の衰えを防ぐことができる、
と言われていますよ。

 

これらのことを意識すれば、
30代になってから太るのをある程度防ぐことができます。

ただし、成長が止まるのは対処のしようがないですし、
老化を完全に止めることは不可能です。

ですから、食べる量はある程度減らす必要があります。

歳を重ねることで消費カロリーが減れば、
その分食べる量を減らしても満腹感を得ることができます。

それで、食事の量は腹八分目までにすれば
食べ過ぎを防ぐことができますよ。

 

あと、生活習慣の変化にともなって太りやすくなった場合は、
生活習慣を改善すれば痩せやすくなるでしょう。

簡単ダイエットのための基礎知識

diet_before_after これを知らないと、簡単に痩せることができません。
↓ ↓ ↓
 簡単ダイエットのための基礎知識







コメントを残す




*